ウェンディのデジタル資産講座
NFTの世界

NFT.NYC 2022に参加してきました!

6月に開催された世界最大のNFTカンファレンス「NFT.NYC 2022」に参加してきました。今回で4回目となるこのイベントは、タイムズ・スクエアのマリオット・マーキス・ホテルを本会場として7会場で行われ、入場者はおよそ1万5000人。

会場では活躍しているNFTアーティストやメディア企業、ブロックチェーン開発企業などNFT関連のビジネスに携わる人々が登壇し、NFTのあり方や将来展望について語りました。また、ゲームやアート関連NFTの展示なども多くありました。

今回私はVirtuaの代表として、今後の発展が注目されているメタバースのカンファレンスに参加しました。メタバースはVR(仮想現実)やAR(仮想拡張)の技術を利用した仮想空間で、アバターを介して参加者同士が会話をしたり仕事をしたり、遊んだりできる空間です。メタバースの技術がさらに進歩すると、仮想空間に没入してよりリアルな空間を共有できるようになるといわれています。メタバースが新しい生活を提供し、時間と空間の制限がない新しい交流の仕方が生まれ、世界を変えていくに違いありません。

また、バットマンのNFTsコレクションを所有するオーナーだけが参加できるBAT COWLSにも参加しました。ステータスシンボルとして、オーナーズクラブのようにデジタル資産の所有権を柔軟に利用する取り組みも今後、増えていきそうです。

NFT.NYC 2022では、ゲームやアートだけでなく、さまざまな業界においてもNFTを利用した新たなチャンスを模索する姿が見られ、インターネットが登場した時期との類似性を感じました。また、Web3.0に早くから注目していた人々に先行者利益があることも証明されているのでは、と感じる部分もありました。 現在、暗号通貨の価値は下がっていて、NFTに対しても懐疑的に見ている人が増えています。一方で、NFTの将来性を強く信じる人々も確実にいることを実感した4日間でした。次回は11月にロンドンで開催されます。さらに発展を続けるNFT界が見られることを楽しみにしています。


Profile
Wendy Stibalis

メキシコ国立自治大学教育学修士。NFTの魅力を伝える女性NFT起業家で注目のインフルエンサー。YouTubeでも発信中!

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  2. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  3. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  4. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  5. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  6. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  7. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  8. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
ページ上部へ戻る