LinkedIn使用のススメと入門ガイド

アメリカで長年プロフェッショナルとして働いている方は、「LinkedInの解説なんて、何を今さら」と思うかもしれませんね。
ただこの記事にたどりついた皆さんは、「知ってはいるけど使いこなせていないな・・・」という方が多いのではと予想します。

今回は、”LinkedIn徹底解剖”と銘打ち、基礎から活用方法までを一挙ご紹介いたします。

LinkedInとは?

LinkedIn(リンクトイン)は、世界最大級のビジネス特化型SNS。アメリカ合衆国を始め世界各国で普及し、2018年4月現在、登録メンバーは5億4千万人を超す。2016年12月、米国マイクロソフト社によって買収された。

参照:Wikipedia

いまいちピンとこない方は、仕事用のFacebookと想像いただくといいかもしれません。
彼らのミッション「世界中のプロフェッショナルの生産性を高め より成功するよう、つないでいく丨Connect the world’s professionals to make them more productive and successful.」からも分かるように、ユーザーが自身のプロフィールを登録し、ビジネスの場で活かせる繋がりを創り出すことを目的としています。
具体的には、

  • 企業、業界、市場の情報収集
  • 関連コミュニティへの参加
  • 自身のスキルや経験の発信
  • 採用活動における人材やパートナー発掘
  • ビジネスオポチュニティ開拓の為の人脈づくり

などが挙げられます。

日本での認知度が高くないのはなぜ?

LinkedInのアカウントすら持っていないというのは、ビジネスの世界に 戸籍がない のと同じなんです。

と語るのは、米国Microsoft社にてマーケティングを担当する石坂さん。アメリカや世界のビジネスの場において、LinkedInは必須アイテムなんです。弊社STS Careerのリクルーターも日々LinkedInを使用し、ヘッドハンティングを行っています。

参照:Business Insider

「過去 3 回の転職のうち 2 回は LinkedIn でのスカウトがきっかけで、 年収が +100% 倍増しました」といった声も見られます。

参照:Note Tatsuro Online

しかし、日本ではまだまだ知名度が低いよう。以下、日本国内の各SNSユーザー数の一覧です。

普及率が伸びない理由は複数あるかと思いますが、以下のような文化的背景が挙げられることが多いです。

  • 言語的な壁
  • 現在の会社に転職活動をしていると思われたくない
  • プロフィールや過去の成果を公表することへの抵抗感
  • SNSで繋がるというカジュアルなビジネスコネクションが浸透していない

これらの思いも、とてもよく分かります。
ただもしあなたが、今後グローバルに活躍することを強く願うのであれば、今すぐの登録をお勧めしたいです。
実際に使ってみて、そこから得られる恩恵の多さ・使わないことによる機会損失の多さに気づき、「もっと早く登録しておけばよかった!」という声も過去たくさん聞いてきました。

LinkedInに登録してみよう

早速、登録の手順を見ていきましょう。

※登録は無料です。リクルーター向け、営業向けなど有料プランも存在しますが、標準的な使用であれば無料版で十分に足りるかと思います。

プロフィール作成

こちらからサインアップし、以下の情報を入力しましょう。

  • 基本情報丨氏名・居住エリア
  • 学歴丨出身校・卒業年・専攻
  • 職歴丨勤務先・勤務期間・タイトル・仕事内容
  • スキル・資格など

情報は多いに越したことはありません。
探す側は、複数のキーワードを組み合わせて検索をかけます。例えば簡単な例をあげると、ロサンゼルスエリアで日本語バイリンガルの経理マネージャーを探したい時は「Japanese, Accounting Manager, Los Angeles」などですね。
また経験年数や業界、特定のスキルなどでも絞り込むので、詳細に書く程、本当に繋がりたいと思っている人があなたを見つけ出す確率はあがります。

ネットワークを拡げる

検索欄でワード検索をし、以下「Connect」 ボタンで他ユーザーとつながることができます。申請をして、相手が承認してはじめて繋がることができます。

LinkedInのネットワークの種類は以下の通り段階的に別れておりいます。無料版で直接メッセージを送ることができるのは1次コンタクトのみですので、知人やリクルーターなどと積極的にネットワークを構築することをお勧めします。

  • 1st丨直接繋がっているユーザー
  • 2nd丨1stコンタクトと繋がっているユーザー
  • 3rd丨2ndコンタクトと繋がっているユーザー
  • その他丨一切つながりのないユーザー

また、自分が属するグループに入ることでネットワークを拡げることも可能です。例えば、以下のようなものが挙げられますね。

  • 自分の出身校のグループ
  • 日本語バイリンガルグループ
  • CPA(公認会計士)を目指す人達のグループ

情報収集する

ビジネス情報の取得にも画期的なLinkedIn。気になる会社や有名企業のCEOなどをフォローすることで、彼らが発信する情報を自身のフィードで見ることも可能です。

また学習プログラムも充実しており、多岐にわたるテーマの無料のオンラインコースも受講もできます。

LinkedInを使うことのメリット、お分かりいただけましたでしょうか?STS Careerでのカンパニーページでは、お役立ち情報のシェアも行っております。ぜひ以下よりフォローしてみてください♪

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

STS Career

STS Career人材紹介エージェンシー

ライタープロフィール

Search To Shine ― あなたが、輝けるキャリアを。

ロサンゼルスを拠点とし、アメリカ全土を対象にHR・人材ソリューションを提供するリクルーティングエージェンシー。
企業様には人材発掘・採用戦略策定をサポートするビジネスパートナーに、求職者の皆様には夢の実現を支えるカウンセラーになることを目指します。

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る