2月28日〜3月8日 ニューヨークで和紙・和紙製品の展示会を開催

和紙は2014年に世界遺産に登録されたが、国内需要は減少の一途を辿っている。また、和紙について正しい知識を持つ人も少なくなり、海外では和紙に似た紙が和紙として販売されているケースも見られる。

このような実情を変えるために、愛知県立大学および愛知県立芸術大学の学生が、大学主催の学生自主企画において、和紙の展示会「The Story of Washi in New York -Moriki Paper, the leading exporter of Japanese paper to the U.S.-」を企画した。

展示会は和紙専門輸出商社の株式会社森木ペーパーとの協働プロジェクトで、2月28日〜3月8日にニューヨークのブルックリンで開催される。展示会の目的は、さまざまなトピックで和紙の正しい知識の発信を行い、暮らしと芸術における和紙利用の促進を果たすことと。また、アンケート調査により海外(ニューヨーク)における和紙文化の発展の可能性も探る。

会場では和紙の原料や特性、製造工程、美術品修復などに関するパネル展示のほか、暮らしと芸術の両面における和紙の利用例としての和紙製品・作品が展示される。さらに、 和紙の良さを実際に体感できる、書道とランプシェードづくりのワークショップも実施される。

The Story of Washi in New York -Moriki Paper, the leading exporter of Japanese paper to the U.S.-
◾️会期:2020年2月28日(金)~3月8日(日)
  ※3月1・7・8日にはワークショップを開催
◾️場所:NPO法人J-COLLABO(300 7th Street, Brooklyn, NY 11215)
◾️入場料:無料
◾️展示会HP:https://thestoryofwashi.wixsite.com/brooklyn

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-2-5

    第147回 Personal Articles 保険について

     ホームオーナーズ保険に加入していれば個人所有物も保険にかかっていますが、項目によって上限が...
  2. 2017-6-2

    焼酎の時代の波に乗り遅れるな 「銀座のすずめ」でブランド確立

    六代目 大分県九重町の蔵元、八鹿酒造の六代目です。高校時代は剣道に明け暮れ、先...
  3. 2017-5-1

    ビジネス買収時に確認要! E-2ビザ申請の要件を満たさない 事業買収に注意

    アメリカでビジネスや会社を買収し、E-2ビザを申請するケースがよく見られます。しかし、ビジネ...
  4. 2018-6-6

    第61回 弱みを無くす

    語弊があるかもしれないが、ざっくばらんに言って、動物の世界が弱肉強食であるように、人間世界も...
  5. 2013-8-20

    シリーズ世界へ! YOLO⑫ 行っちゃいました! 夢の南極 (Antarctica) 〜前編

    Day 1 ︱ 6 December 2012 記録時間1930hrs 緯...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る