世界で活躍する女性が見る「ジェンダー・ギャップ、ゼロ」の姿とは- ウェビナー開催

左:中満泉 右:本田桂子

3月26日(金)、ニューヨーク日系人会ビジネスウーマンの会(JWB)が主催でオンライン講演会が開かれる。テーマは「世界で活躍する女性が見る『ジェンダー・ギャップ、ゼロ』の姿とは-」。国連事務次長の中満泉さんと米コロンビア大学国際公共政策大学院客員教授の本田桂子さんが登壇する。

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の元会長・森喜朗氏の女性蔑視発言をきっかけに、世界で報道された日本の「ジェンダー・ギャップ」、つまり男女間の格差が過去最悪であることが大きな話題になった。世界経済フォーラム(WEF)によると、日本の男女間格差は153カ国中121位と過去最低のレベル。国内では森発言をきっかけにさまざまな分野の専門家から現状打破の声が上がり、その一つが「差別のない活力ある日本を作るために:行動宣言」だ。

ニューヨーク日系人会ビジネスウーマンの会は、その呼びかけ人42名のまとめ役であり、世界的に活躍しているニューヨーク在住の女性プロフェッショナル2名に講演を依頼。ジェンダー・ギャップの問題を鋭く解説・分析する。

中満さんと本田さんは「行動宣言」において、「性差別を含む差別を撤廃し、ダイバーシティ(多様性)のある社会を作る」ことは、女性差別は人権問題の一環であると同時に活力ある暮らしやすい日本にするために欠かせないと説く。女性、若手、LGBTなどあらゆるバックグラウンドを持つ人々が議論や決定の場に参加することが重要であり、彼女たちはそのためにそれぞれの場での行動を呼びかけている。

この機会に、日本のジェンダー問題や世界との比較について考えよう。

世界で活躍する女性が見る「ジェンダー・ギャップ、ゼロ」の姿とは・・・
格差の広がりが121位の日本で何ができるか?

■開催日時:3月26日(金)8:00-9:15pm
■場所:オンライン(参加申込み後、Zoomのリンク先をお知らせ)
■参加費:$15
■申し込み:https://jwb-ny-03262021.eventbrite.com
■問い合わせ:event@jwb-ny.org
・申し込みすると、後日録画ビデオも配信されます。
・参加費はニューヨーク日系人会(JAA)に寄付されます。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る