3月1日 ウェビナー「米国の大退職時代を勝ち抜くためには」開催

米国でグローバル人材の紹介やHRソリューションを提供するパソナN Aは、3月1日にウェビナー「米国の大退職時代を勝ち抜くためには〜組織再設計の必要性と従業員エンゲージメント〜」を開催する。

米国では新型コロナウイルスの拡大による勤務形態の変化などを受けて、個人の働き方やキャリアを見直す動きが広がり、退職者が急増する「大退職時代(Great Resignation)」の到来が懸念されている。そうした中、多くの企業では人材の確保と定着が喫緊の課題となっており、特に米国では多様な背景を持つ人材が集まることから、企業が人材定着やエンゲージメント向上を図るためには多様性に対する深い理解が必要。

今回のウェビナーでは、労働市場の現状や組織の再設計に向けた採用戦略について解説するほか、在米のSGR法律事務所弁護士である小島清顕氏が「DE&I(ダイバーシティ:多様性、エクイティ:公平性、インクルージョン:包括性)」等について、歴史的背景や法的な観点を踏まえて解説する。

米国の大退職時代を勝ち抜くためには
〜組織再設計の必要性と従業員エンゲージメント〜

■開催日時:2022年3月1日(火)5:00-6:00pm (PST)、8:00-9:00pm (EST)
■対象:米国に進出する日系企業の経営者・人事担当者 等
■申し込み:https://www.pasona.com/seminar/sgr_ibd_030122/
■問い合わせ:infonews@pasona.com

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  2. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  3. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  4. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  5. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  6. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  7. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  8. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
ページ上部へ戻る