ANA 国際線エコノミークラスで日本酒の提供を開始

2017年9月1日から、ANA国際線エコノミークラスの全路線で宮城県の銘酒蔵・一ノ蔵の「一ノ蔵 特別純米酒 辛口」が提供される。同社は現在国際線のファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミーで日本酒を提供しているが、エコノミークラスでも提供することでより多くの乗客に日本の“SAKE文化”を発信していく。

一ノ蔵は1973年、宮城県内の歴史ある4つの酒蔵が企業合同して創業。県産米の使用、蔵人の手作業による酒造りを実践し、伝統と革新を織り交ぜながら高品質な酒を造り続けている。

今回提供されることになった「一ノ蔵 特別純米酒 辛口」は、地元・宮城で誕生した米の品種「ササニシキ」「蔵の華」を使用。米本来の柔らかな旨味がバランスよく溶け、上品で深みのある味わいとなっている。

なお、ANAの機内では、空の旅をイメージしたオリジナルラベルで提供される。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-8-14

    Shop Airlines, Ltd. アメリカのビジネスは、今

    日本最大級の海外ショッピングサイト「セカイモン」を運営するShop Airlines, Lt...
  2. 2019-10-4

    第78回 SATにはコツがある?

    ニナの友人の一人は「SAT1600点満点で1580点を取った。でも教育熱心な母親からは、なぜ...
  3. 2017-8-2

    勢い vs. 慎重さ

    Appleのマーケターとして知られるGuy Kawasakiさんのスピーチの中にこんなフレ...
  4. 2017-8-3

    片渕 須直 「戦争は非常に大きな力で、 人の可能性の目をつんでしまうもの」

     昨年、日本で公開された時から待ち望んでいた映画がある。18歳で嫁いだ主人公すずの戦前と戦時...
  5. 2018-2-1

    忙しいあなたに コンビニエントフード

    茹でたパスタに絡めるだけ たらこ、明太子など4つの味 〜スパゲッティソース/S&B ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る