JALグループ、2019年度における国際線の期間増便等を決定

jal_l

JALグループは、2019年度における国際線の期間増便などを決定した。

2019年6月8日~9月3日の間、成田=シカゴ線を期間増便し週7便→週11便とします。関西=ロサンゼルス線には、「JAL SKY SUITE」仕様機材を投入し、ビジネスクラスのフルフラット座席ならびにプレミアムエコノミーサービスを提供する。また、需要動向に鑑み、2019年3月31日より関西=台北(桃園)便の減便を決定した。

同社は「今後もお客さまの利便性、快適性、さらなるネットワークの拡充、商品・サービス品質の向上にチャレンジしてまいります。」と意気込みを語った。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-10-2

    第45回 日本のワイン品評会を評価する

     今年も8月に開催された『 ジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)』に招待され、審査員を務め...
  2. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  3. 2017-12-1

    無駄の大資源国、日本

    今回は日本企業の人事にまとわる無駄について考えてみた。 その昔(もう40年前の話)、あ...
  4. 2017-3-3

    第1回 「1世紀に1度の皆既日食」 ケンタッキー州

    皆既日食のベスト観測ポイント アメリカにいてお休みの旅先を検討するのに、なかな...
  5. 2018-5-1

    お悩み解決! 健康食品・サプリ・日用品

    疲労回復 サトウ製薬 ユンケル 疲れを感じた時にググッと飲み干す日本ではお...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る