皮膚科医・小川徹氏著『見た目が10歳若くなる本』を3月1日に発売

『U.S.FrontLine』で連載記事を寄稿している皮膚科専門医の小川徹さんが、このたび皮膚科学に基づく著書を出版する。「何歳になっても若々しく健康的に見られたい」という万人共通の悩みを解決すべく、グローバル皮膚医学から見る「外見力」アップのノウハウを分かりやすく解決するコツを紹介していく。

本書では最新皮膚医療とエビデンスに基づいた情報を提供しつつ、外見力を上げるために実践しやすい7つのメソッドを解説。皮膚だけでなく、肌や髪、爪、ニオイなどのケア方法から食・睡眠・生活習慣改善などを含む全方位的なアドバイスを、イラストを交えて分かりやすく紹介する。また、海外の最先端皮膚医療に関するコラムも多く掲載しており、読み物としても十分楽しめる。

今後は、中国語版も出版を予定している。

ハーバード現役研究員の皮膚科医が書いた
見た目が10歳若くなる本

■発売日:2019年3月1日
■出版社:東洋経済新報社
購入はこちらから

おがわ とおる

皮膚科医。ハーバード大学マサチューセッツ総合病院客員研究員。医学博士。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)やロンドン大学セントトーマス病院など、アメリカ東海岸および西海岸、イギリスで豊富な経験をもつ。ハーバード大学マサチューセッツ総合病院では、アメリカ専門医学書の分担執筆をしながら「皮膚とAI」に関するマサチューセッツ工科大学(MIT)との共同研究などに取り組んでいる。アメリカ皮膚科学会(AAD)など、多数の国際学会に所属。欧米をはじめ、アジア、南米、アフリカなどにグローバルなネットワークをもち、国内外のメディアでも活躍中。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-9-2

    第60回 夏休みの課題本

    「アメリカの学校は2カ月半も夏休みがあって、しかも宿題がないんでしょ?」と日本から来たばかり...
  2. 2019-10-1

    Vol.13 建築デザインの先駆者 フランク・ロイド・ライトの20世紀建築作品群 − AZ・CA・IL・NY・PA・WI州 −

    2019年7月、アメリカの新たな世界文化遺産登録が決定した。20世紀を代表する米建築家フラン...
  3. 2019-1-22

    「がんの見落とし」を防ぐ新サービス〜日本帰国時の検診〜

    がんの治癒は早期発見が決め手 日本人の2人に1人ががんになる時代。あなたは健診を受けていますか? ...
  4. 2017-7-1

    第5回 「ブルースのルーツを訪ねて」 ミシシッピ州

    ブルースの誕生は 綿花畑の中から 広いアメリカ、こんなところがあったのかという旅先を紹介して...
  5. 2017-2-3

    アロマで空間をデザイン 将来は宇宙ステーションにも香りを

    ナチュラルにこだわる  私たちの仕事はアロマスペースデザインです。アロマで空間をデザイ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る