皮膚科医・小川徹氏著『見た目が10歳若くなる本』を3月1日に発売

『U.S.FrontLine』で連載記事を寄稿している皮膚科専門医の小川徹さんが、このたび皮膚科学に基づく著書を出版する。「何歳になっても若々しく健康的に見られたい」という万人共通の悩みを解決すべく、グローバル皮膚医学から見る「外見力」アップのノウハウを分かりやすく解決するコツを紹介していく。

本書では最新皮膚医療とエビデンスに基づいた情報を提供しつつ、外見力を上げるために実践しやすい7つのメソッドを解説。皮膚だけでなく、肌や髪、爪、ニオイなどのケア方法から食・睡眠・生活習慣改善などを含む全方位的なアドバイスを、イラストを交えて分かりやすく紹介する。また、海外の最先端皮膚医療に関するコラムも多く掲載しており、読み物としても十分楽しめる。

今後は、中国語版も出版を予定している。

ハーバード現役研究員の皮膚科医が書いた
見た目が10歳若くなる本

■発売日:2019年3月1日
■出版社:東洋経済新報社
購入はこちらから

おがわ とおる

皮膚科医。ハーバード大学マサチューセッツ総合病院客員研究員。医学博士。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)やロンドン大学セントトーマス病院など、アメリカ東海岸および西海岸、イギリスで豊富な経験をもつ。ハーバード大学マサチューセッツ総合病院では、アメリカ専門医学書の分担執筆をしながら「皮膚とAI」に関するマサチューセッツ工科大学(MIT)との共同研究などに取り組んでいる。アメリカ皮膚科学会(AAD)など、多数の国際学会に所属。欧米をはじめ、アジア、南米、アフリカなどにグローバルなネットワークをもち、国内外のメディアでも活躍中。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る