全米日系人博物館による世界の若手日系人についての意識調査を4月15日まで延長

全米日系人博物館(ロサンゼルス)が日本財団と協力し、世界各地の若い世代の日系人を対象に実施している意識調査「若手日系人調査(Global Youth Nikkei Research Project)」の調査期間が、2019年4月15日まで延長されることとなった。

このプロジェクトでは、世界各地の日系人コミュニティにおけるアイデンティティや文化を調査。世界中のさまざまな場所での「日系/ニッケイ」の意味をより深く理解すること、また、日系人コミュニティの今後のニーズや課題を見出すことを目的としている。

こうした日系人に関する調査が世界規模で行われるのは、今回が初めて(日本財団調べ)。これまでのところ、5000人以上から回答が寄せられている。このアンケートでは、先祖が日本から移住した時期や移住先、対象者の現在の居住地は問わない。回答は日本語、英語、ポルトガル語、スペイン語の4言語で受け付けており、所要時間は 10〜15分程度。

アンケート(日本語): https://jp.surveymonkey.com/r/TNFNikkeiSurveyJP

なお、アンケート調査後は、フォーカスグループ(座談会形式での調査)がアメリカ、日本、ブラジル、カナダ、オランダ、パラグアイ、ペルー、フィリピン、イギリス、オーストラリアの10カ国で行われる予定だ。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-1-6

    自分と重ねる? 「20th Century Women」(12月30日公開)

     取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...
  2. 2017-8-1

    寿司ロボットを米国へ 市場に眠る600億ドル分のチャンス

    出発点はレコード針 AUTECの出発点は、東京の町田にあるAudio Tech...
  3. 2019-6-5

    第68回 好きなこと

    美しいものは、私たちを慰めてくれる。揺れる気持ちを静めたい時は、私は好きな1曲を聴く。バイオ...
  4. 2017-3-1

    第46回 黙って読む教科書

     数カ月の間に二人の親しい知人をあの世に見送った。庭に生息する小さな虫さえ動かなくなるのを見...
  5. 2018-2-5

    短期集中連載 第1回 ポジティブ皮膚科学のススメ 顔のしわ

    今回、3回にわたり、皮膚科領域の国際的な論文の話を織り交ぜながら、皮膚科学の最新情報を読者の...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る