日本映画『ノイズ』ニューヨーク上映が決定

2019年5月、NYブルックリンのスペクタクル劇場で、気鋭若手の松本優作による監督作品『NOISE』が上映される。同作は、2008年に起こった秋葉原無差別殺傷事件をモチーフに、絶望の中に生きる若者たちに焦点を当てた作品。

2008年6月8日、日曜日の昼食時間帯に、秋葉原で一般市民を巻き込んだ通り魔による殺傷事件が起き、7名が死亡、10名が重軽傷を負った。この秋葉原無差別殺傷事件から、10年近くがたった。

事件で母親を殺された地下アイドルや、家出して秋葉原で生きていこうとする女子高生、怒りを秋葉原にぶつけようとする配達員。ポップカルチャーの聖地・秋葉原を舞台に、現代社会の明と暗をあぶり出す強烈な色と光の映像で、狂気と混乱がのたうつ現代を生きる若者とその親たちのために、この映画が制作された。

■上映日:
5月1日(水)10:00pm
5月3日(金)7:30pm
5月6日(月)10:00pm
5月14日(火)10:00pm
■会場:Spectacle Theater (124 S 3rd St., Brooklyn, NY 11249)
■作品詳細:https://noise-movie.com/nmwp/

※5月21日(火)に、カリフォルニア州サンフランシスコのRoxie Theater でも上映予定(時間未定)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-4-26

    ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドに 『Harry Potter』のテーマパークがオープン

     フロリダのユニバーサル・スタジオ、日本のユニバーサル・スタジオに遅れること2年、本家...
  2. 2015-10-14

    トーランス クラフトビール最前線 ② Absolution Brewing Company

     トーランス市役所の北東に、ウェアハウスを兼ねたオフィススペースが並ぶ一画がある。ちょっとハ...
  3. 2017-2-1

    MUJIの商品で社会に役立ち 生活を快適にするお手伝いを

    NY旗艦店の手応え  五番街にあるニューヨークの旗艦店はおかげさまで非常に好調ですね。...
  4. 2016-12-3

    永住権放棄後の 帰国居住者ビザ(SB-1)申請(パート①)

     アメリカ国外に居住することを選択した永住権(グリーンカード)保持者が、外国に住みながらグリ...
  5. 2016-10-8

    第143回 旅行保険について

     旅行の際に大変役に立つ保険を紹介します。Travel Insurance, Trip In...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る