ニューヨーク育英学園 2学期からの編入生募集中(8月)

ニューヨーク育英学園全日制NJキャンパス(イングルウッドクリフスNJ、岡本徹学園長)では、2学期からの編入生を募集している。対象は、幼児部(年少児~年長児)と小学部(1~6年生)の園児・児童。

幼児部では、日本語による保育を通して言語の獲得と思考力の発達を促すことを目標とし、さらにアメリカ文化や特性に触れることにより視野を広げ、国際的感覚の芽を培うことを目指す。2017年度からは英語の時間を増やし、毎日英語の時間を設けるとともに、英語でのアートの時間や、年長と年中は金曜日にバイリンガルの時間を設置。小学校からの金曜一日英語の日の準備過程を設けることで、幼児部のうちから英語での生活に慣れることを目標としている。

複数の保育士による決め細かな保育に加え、英語、音楽、アートなどの専科やサッカー、ダブルダッチ、ダンス、水泳教室などの放課後のクラブ活動も充実。また、放課後の延長保育も行っている。

小学部では主体的に学習する姿勢を育成し、柔軟な思考力を養うことを目標として、国際的視野を持つ豊かな人間形成を目指す。日本の小学校学習指導要領に準拠した教育に加え、英語教育にも力を入れている。高い専門的知識・技能を提供するため、図工、音楽、書写や英語は専科制を導入。特に英語は毎日の授業に加え、金曜は英語科教師による担任制を導入し、丸一日現地校と同様に英語だけで学習する日となっており、週の3分の1の時間を英語での学習に当てて日英両語のバイリンガル教育を推進している。

小学部でも放課後のクラブ活動が盛んで、野球、サッカー、ダンス、ダブルダッチ、水泳などが行われている。さらに、各種検定(英検、漢検、数検、書写検、語検)の受検を奨励しており、多くの合格者を出している。幼児部、小学部ともに体験入園、見学は年間を通じて随時受け付けている。

■問い合わせ・申し込み:学園事務局 201-947-4832 または dayschool.nyikuei@gmail.com
■詳細:http://japaneseschool.org

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る