「日本美術に見る動物の姿」展 ワシントンD.C.とLAで開催

2019年6〜12月、米国における日本文化・芸術紹介事業「Japan 2019」の一環で、動物づくしの展覧会「日本美術に見る動物の姿」展が、米国2都市で開催される。開催場所は、ワシントンD.C.にある「ナショナル・ギャラリー・オブ・アート」とロサンゼルスにある「ロサンゼルス・カウンティ美術館」だ。

人々が動物たちに親しみを持ちながらともに暮らしてきたことを示す豊かな動物表現は、日本美術の一つの特徴として知られており、米国にも多くの愛好者がいる。こどもから大人まで楽しめる動物づくしの本展覧会は、歴史を通じて自然と共生してきた日本人の世界観を幅広い人々に紹介しようと企画された。

5世紀の埴輪から現代アートに至るまで、動物表現に関連した日米の重要なコレクションから選りすぐりの300点以上を一堂に集め、かつてない規模と内容で展示する。日本人の暮らしや精神風土、宗教観と関わる多彩な動物表現を、絵画、彫刻、漆芸、陶芸、金工、七宝、木版画、染織、写真など、さまざまな形で楽しめる。

ワシントンでの会期中は、講演会、公開シンポジウム、動物をテーマとした日本映画上映会、家族・コミュニティ向け日本文化体験プログラムなど、本展の理解を深めるための関連企画も実施。ときに素朴でユーモラスな、ときに神秘的な表情の動物たちが、米国の老若男女に向けて日本文化の魅力を発信する。

日本美術に見る動物の姿
■会場1:2019年6月2日〜8月18日
   National Gallery of Art(Constitution Ave., NW, Washington, DC 20565)
   https://www.nga.gov
■会場2:2019年9月22日〜12月8日
  Los Angeles County Museum of Art(5905 Wilshire Blvd., Los Angeles, CA 90036)
   https://www.lacma.org

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2015-6-5

    “Live Your Dream” 「夢を生きる テイラー・アンダーソン物語」レジー・ライフ監督に聞く

     東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  2. 2016-11-17

    「この映画を作れば 捕鯨は理解してもらえる、という一心」

     和歌山県太地町で撮影された反捕鯨映画「The Cove」。同作は大きな話題になっただけでな...
  3. 2017-10-2

    大学生の年齢が上昇中?学びたい大人たち

    2009年のNational Center for Education Statistics...
  4. 2017-5-1

    乳幼児玩具の業界で グローバルリーダーを目指す

    ピープルとの関わり 私が最初に知育玩具で知られるピープルのことを知ったのは、父の会社であるVa...
  5. 2017-8-1

    寿司ロボットを米国へ 市場に眠る600億ドル分のチャンス

    出発点はレコード針 AUTECの出発点は、東京の町田にあるAudio Tech...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る