JAL 2020年度より首都圏発着の国際線を大幅に拡充

Japan Airlines logo

JALは、2020年度夏期ダイヤ(2020年3月29日~)より、羽田空港からの国際線ネットワークを大幅に拡充する。羽田空港の昼間時間帯の国際線発着枠の配分を受け、米国、フィンランド、ロシア、オーストラリア、インド、中国の各都市への路線が新規開設・増便する。

今回の新規開設・増便により、羽田発着国際線の運航便数は、現在の1日22便から34便となる。これにより、首都圏の利用客の利便性向上を図るとともに、JALが持つ幅広い羽田発着国内線ネットワークを活用し乗り継ぎ利便性が大幅に高まる。

成田発着に関しては、サンフランシスコ、ウラジオストク、ベンガルール線の開設、さらに、ZIPAIRによるバンコク、ソウル(仁川)線の開設する。また、シカゴ線に関しては、2021年2月より、北米〜アジア間の往来がしやすい成田夕方発着便を新たに設定することを決定した。

米国路線については、羽田〜シカゴ・ダラス・ロサンゼルス線の3路線を新たに開設し、羽田〜ニューヨーク線を増便する。また、共同事業パートナーのアメリカン航空も、羽田〜ダラス・ロサンゼルス線を新規開設・増便する。

これにより、首都圏と北米を結ぶネットワークは、ニューヨーク行が羽田で2便、シカゴ・サンフランシスコ・ロサンゼルス行が羽田・成田で1便ずつ計2便、ダラス行が羽田で1便、ボストン・シアトル・サンディエゴ・バンクーバー行は成田で1便となり、合計でこれまでの1日10便から13便へ拡充される。

ハワイ行については、羽田〜ホノルル線を新たに2便開設する。これにより、成田〜ホノルル線は1日4便から2便に変更となり、首都圏からのハワイ線は、ホノルル行きが羽田・成田発着でそれぞれ1日2便ずつ、コナ(ハワイ島)行きが成田から1日1便となる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  2. 2019-8-7

    お金の新たな価値を伝える 作家 本田健さん

    これまで日本で130冊近くの自己啓発本を出版してきた本田健さんが、「お金と幸せ」をテーマにし...
  3. 2017-10-1

    グループ全体のビジネスコンテンツを 日系企業のグローバリゼーションの共通インフラに

    人事・総務関連業務のアウトソーサー リログループは1967年創業、人事・総...
  4. 2016-11-3

    第19回 「足を使う町」

    自転車愛な町に ちょい乗りシステム 車に頼りすぎるアメリカでは珍しく、ポートランドは公共交通...
  5. 2016-10-2

    第166回 洗脳 VSメディア・リテラシー①

     アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る