Disco International

JAL 2020年度より首都圏発着の国際線を大幅に拡充

Japan Airlines logo

JALは、2020年度夏期ダイヤ(2020年3月29日~)より、羽田空港からの国際線ネットワークを大幅に拡充する。羽田空港の昼間時間帯の国際線発着枠の配分を受け、米国、フィンランド、ロシア、オーストラリア、インド、中国の各都市への路線が新規開設・増便する。

今回の新規開設・増便により、羽田発着国際線の運航便数は、現在の1日22便から34便となる。これにより、首都圏の利用客の利便性向上を図るとともに、JALが持つ幅広い羽田発着国内線ネットワークを活用し乗り継ぎ利便性が大幅に高まる。

成田発着に関しては、サンフランシスコ、ウラジオストク、ベンガルール線の開設、さらに、ZIPAIRによるバンコク、ソウル(仁川)線の開設する。また、シカゴ線に関しては、2021年2月より、北米〜アジア間の往来がしやすい成田夕方発着便を新たに設定することを決定した。

米国路線については、羽田〜シカゴ・ダラス・ロサンゼルス線の3路線を新たに開設し、羽田〜ニューヨーク線を増便する。また、共同事業パートナーのアメリカン航空も、羽田〜ダラス・ロサンゼルス線を新規開設・増便する。

これにより、首都圏と北米を結ぶネットワークは、ニューヨーク行が羽田で2便、シカゴ・サンフランシスコ・ロサンゼルス行が羽田・成田で1便ずつ計2便、ダラス行が羽田で1便、ボストン・シアトル・サンディエゴ・バンクーバー行は成田で1便となり、合計でこれまでの1日10便から13便へ拡充される。

ハワイ行については、羽田〜ホノルル線を新たに2便開設する。これにより、成田〜ホノルル線は1日4便から2便に変更となり、首都圏からのハワイ線は、ホノルル行きが羽田・成田発着でそれぞれ1日2便ずつ、コナ(ハワイ島)行きが成田から1日1便となる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Vrbo Japan
Universal Mobile

注目の記事

  1. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  2. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  3. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  4. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  5. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  6. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  7. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  8. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
ページ上部へ戻る