2020年、Census(アメリカ国勢調査)が始まる

2020年、アメリカではCensus (国勢調査)が実施される。国勢調査とは、アメリカ合衆国50州、コロンビア特別区および5つの準州に居住するすべての在住者について行われる調査だ。

アメリカでは合衆国憲法により、10年ごとに国勢調査を行うことが義務付けられている。国税調査の結果に基づいて、議会における各州の議席数、選挙区の画定、6750億ドル以上の連邦政府の資金が毎年どのようにコミュニティへ配分されるかなどが決定される。

2020年3月、アメリカ合衆国国勢調査局より、国勢調査の説明資料が郵送される。届きしだい、調査票を記入(オンラインでも回答可)することが求められる。記入内容は、居住物件に住んでいる人の人数や性別、年齢、人種など。

国勢調査の対象となるのは、2020年4月1日時点でアメリカ合衆国に居住するすべての人。市民権を持たない人々も回答が必須となる。調査開始に備えてCensusの概要や仕組みを理解しておこう。

詳細はこちら

公式ホームページ:2020CENSUS.GOV/ja

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-9-3

    第56回 日本のナチュラルワイン人気について

    日本は、フランス贔屓で有名な国だ。当然ワインといえば、フランスが唯一最高と信じる国粋主義者(...
  2. 2017-11-2

    新しい90日ルールに要注意!

     2017年9月1日に、アメリカ国務省(DOS)が「虚偽陳述」という用語に関する新たなガイダンスを更...
  3. 2017-10-2

    大学生の年齢が上昇中?学びたい大人たち

    2009年のNational Center for Education Statistics...
  4. 2017-4-3

    ダンスは最高のドラッグ?! 「Alive and Kicking」

     「リンディーホップ」というのを聞いたことがあるだろうか? スウィング・ダンスの一種で、映画...
  5. 2018-4-3

    CPTとOPT(アメリカの学生のための労働許可)の違いとは? PART 1

     今回は、CPTとOPTの違いについて2回に分けてご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)でアメリ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る