「杉原ビザの日 (Sugihara Visas Day)」の制定記者会見開催

7月29日、AJC(米国ユダヤ人協会)ロサンゼルス支部、日米文化会館(JACCC)の共催で、在ロサンゼルス日本国総領事館とジャパン・ハウス ロサンゼルスの協力のもと、カリフォルニア州上院決議第47号(2021年7月15日可決)により2021年7月29日が「杉原ビザの日」(Sugihara Visas Day)に制定されたことに関し、ジャパン・ハウスロサンゼルスで記者会見が開催された。

同決議は、第二次世界大戦中、多くのユダヤ人の命を救った日本の外交官・杉原千畝氏の偉大な功績をたたえる目的で採択されたもの。

記者会見には、「杉原ビザの日(Sugihara Visas Day)」決議を主導したボブ・ハーツバーグ・カリフォルニア州上院議員(民主党院内総務)、米国ユダヤ人協会ロサンゼルス支部ディレクターのリチャード・ハーシュワルト氏、JACCC会長兼CEOのパトリシア・ワイアット氏、ジャパン・ハウス ロサンゼルス館長の海部優子氏が出席した。

1939年、杉原千畝は、リトアニアのカウナスに新しく開設された日本領事館の副領事に就任。 杉原氏が在カウナス日本国総領事館に着任して間もなく、第二次世界大戦が勃発し、ポーランドからのユダヤ人難民が、日本を通過して第三国に避難するためのビザを求めて、カウナスの日本総領事館に殺到する。1940年7月29日、杉原氏は「命のビザ」と呼ばれる通過ビザの発給を開始した。現存する在カウナス日本総領事館のビザリストには、2140名近くの名前が記載されているが、世帯主に与えられる1枚のビザで家族が入国できたことや、リストに記載されずに発給されたビザもあったため、杉原氏が救ったユダヤ人の数はこれよりも多いと考えられている。

写真左から、ジャパン・ハウス ロサンゼルス館長の海部優子氏、ボブ・ハーツバーグ・カリフォルニア州上院議員(民主党院内総務)、JACCC会長兼CEOのパトリシア・ワイアット氏、米国ユダヤ人協会ロサンゼルス支部ディレクターのリチャード・ハーシュワルト氏

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  2. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  3. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  4. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  5. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  6. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  7. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  8. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
ページ上部へ戻る