JAL、ダラス・フォートワース〜成田線が就航、3月からさらに便利に

日本航空(JAL)は、11月30日、ダラス・フォートワース〜成田線を約14年ぶりに再開した。同日、ダラス・フォートワース国際空港で、初便のJL11便の出発前に、就航セレモニーを行った。大西賢・JAL取締役会長、ダラス・フォートワース国際空港のショーン・ドナヒューCEO、アメリカン航空のダグ・パーカー会長兼CEO、在ヒューストン日本国総領事館の髙岡望総領事が、歓迎のメッセージを述べた。ダラスとフォートワースの両市長も出席して、テープカットで祝った。
この路線は、現在、週4便(月・水・金・日)だが、2016年3月20日からは週3便を追加して、毎日運航となる。
使用される機材は、787-8型機に新シートを導入した新仕様「JAL SKY SUITE 787」で、座席数は全3クラス161席。ビジネスクラスにはフルフラットシート「JAL SKY SUITE(スカイスイート)」を採用。プレミアムエコノミークラスには「JAL SKY PREMIUM(スカイプレミアム)」、エコノミークラスには2015年ワールドエアラインアワードで世界一の評価を得た「JAL SKY WIDER II(スカイワーダーII)」を導入した。

<テープカットにて。(レッドカーペット上左から)ショーン・ドナヒューDFW国際空港CEO、マイク・ローリングス・ダラス市長、大西賢JAL会長、ダグ・パーカー・アメリカン航空会長兼CEO、ベッツィー・プライス・フォートワース市長、髙岡望総領事>

<テープカットにて。(レッドカーペット上左から)ショーン・ドナヒューDFW国際空港CEO、マイク・ローリングス・ダラス市長、大西賢JAL会長、ダグ・パーカー・アメリカン航空会長兼CEO、ベッツィー・プライス・フォートワース市長、髙岡望総領事>

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-6-2

    焼酎の時代の波に乗り遅れるな 「銀座のすずめ」でブランド確立

    六代目 大分県九重町の蔵元、八鹿酒造の六代目です。高校時代は剣道に明け暮れ、先...
  2. 2019-1-4

    Shinano Kenshi Corporationアメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州カルバーシティのオフィスを構えるShinano Kenshi Corporati...
  3. 2016-11-1

    仕掛け人に聞く 日本の食ニューウェーブ

    穀物 Hakubaku 健康で豊かな食生活実現に貢献したい  日本国...
  4. 2017-10-2

    第8回 「サンフランシスコから足を延ばして」 カリフォルニア州

    樹齢1000年の巨木が立つ 森を蒸気機関車で 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹介して...
  5. 2017-2-1

    MUJIの商品で社会に役立ち 生活を快適にするお手伝いを

    NY旗艦店の手応え  五番街にあるニューヨークの旗艦店はおかげさまで非常に好調ですね。...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る