JAL、ダラス・フォートワース〜成田線が就航、3月からさらに便利に

日本航空(JAL)は、11月30日、ダラス・フォートワース〜成田線を約14年ぶりに再開した。同日、ダラス・フォートワース国際空港で、初便のJL11便の出発前に、就航セレモニーを行った。大西賢・JAL取締役会長、ダラス・フォートワース国際空港のショーン・ドナヒューCEO、アメリカン航空のダグ・パーカー会長兼CEO、在ヒューストン日本国総領事館の髙岡望総領事が、歓迎のメッセージを述べた。ダラスとフォートワースの両市長も出席して、テープカットで祝った。
この路線は、現在、週4便(月・水・金・日)だが、2016年3月20日からは週3便を追加して、毎日運航となる。
使用される機材は、787-8型機に新シートを導入した新仕様「JAL SKY SUITE 787」で、座席数は全3クラス161席。ビジネスクラスにはフルフラットシート「JAL SKY SUITE(スカイスイート)」を採用。プレミアムエコノミークラスには「JAL SKY PREMIUM(スカイプレミアム)」、エコノミークラスには2015年ワールドエアラインアワードで世界一の評価を得た「JAL SKY WIDER II(スカイワーダーII)」を導入した。

<テープカットにて。(レッドカーペット上左から)ショーン・ドナヒューDFW国際空港CEO、マイク・ローリングス・ダラス市長、大西賢JAL会長、ダグ・パーカー・アメリカン航空会長兼CEO、ベッツィー・プライス・フォートワース市長、髙岡望総領事>

<テープカットにて。(レッドカーペット上左から)ショーン・ドナヒューDFW国際空港CEO、マイク・ローリングス・ダラス市長、大西賢JAL会長、ダグ・パーカー・アメリカン航空会長兼CEO、ベッツィー・プライス・フォートワース市長、髙岡望総領事>

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る