ニューヨーク回収箱のケータイがアートに変身、台湾で巡回展、「次は東北へ」

ニューヨーク在住のアーティスト・林世宝が、2012年にニューヨークの10カ所に回収箱を設置し、不要になった携帯電話を集めてアートをつくるプロジェクトを進めていたことは、以前にフロントライン本誌でも紹介した。その作品(車)が完成し、このほど台湾での巡回展を開催した。

Linshihpao110415

友達の家のホームパーティーで、その家に転がっている携帯電話を目にして思いついた企画だった。新しく買い換えて使わなくなった携帯電話がどの家庭にも数台はある、という事実に、「偉大な発明と矛盾」というタイトルが浮かんだという。
目標2万個の携帯電話の寄付を呼びかけ、母校である台湾の南山高校で制作をスタート。集めた携帯電話は、5月にニューヨークから台湾に船便で輸送した。延べ40カ国以上の人が協力し、2万5千個ほど使ったという。
10月30日に完成した作品は「F1 (Future No.1)いいねカー:偉大な発明と矛盾」と名づけられた。風が吹き、水が流れるような流動的なラインを取り入れ、着色はせず、電話本体の色をそのまま使い、カラフルに太陽、空、空気を表現。頭は獅子で、タイヤは左右異なる。
11〜12月にかけて、台北市役所、高雄・佛光山などで巡回展を開いた。
余った携帯電話2千個ほどを使って「F1ポリス」も制作。こちらは南山高校に寄付したという。

F1police

「ネバーギブアップの精神で、4年をかけて完成した作品を東日本大震災の被災地である東北に運び、現地の皆さんを激励するイベントをしたいというのが次の夢です」と話している。

◾️詳細:https://www.facebook.com/lin.shihpao

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
ページ上部へ戻る