大雪に大喜びのパンダ、首都DC、スミソニアン国立動物園の人気者に!

首都ワシントンDCは、この週末、ブリザードで記録的な大雪に見舞われた。その恩恵を受けた(?)のが、スミソニアン国立動物園だ。
ここで飼育されているジャイアント・パンダ4匹のうち、オスの「ティエン・ティエン」(Tian Tian)が、朝めざめて、積もった雪に興奮し、転げ回る姿をビデオに撮影。
インターネットで流したところ、バイラルに。各種ニュースでとりあげられ、ツイッターやフェイスブックを通じて「可愛い」と広がった。
国立動物園では、1月16日に、ジャイアント・パンダの赤ちゃん「ベイ・ベイ」(Bei Bei)が、一般公開デビューをしたばかり。ベイ・ベイは昨年8月に生まれた。
ベイ・ベイに負けじと、ティエン・ティエンの知名度もアップ。国立動物園では、しばらく、嬉しい「パンダ・フィーバー」が続きそうだ。

1月21日、生まれて初めて雪を見るジャイアントパンダの赤ちゃん「Bei Bei」 Photo: Shellie Pick / Smithsonian's National Zoo

1月21日、生まれて初めて雪を見るジャイアントパンダの赤ちゃん「Bei Bei」
Photo: Shellie Pick / Smithsonian’s National Zoo

◾️Smithsonian’s National Zoo
3001 Connecticut Ave. N.W., Washington DC 20008
◾️入場無料
◾️詳細:nationalzoo.si.edu

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-9-2

    第52回 第九を歌う 

     昨晩、LAのダウンタウンにあるウォルト・ディズニー・コンサートホールでベートーベン...
  2. 2017-4-2

    ホテル以上のリラックス空間 自宅以上の便利さと快適さ オークウッドプレミア東京

     2017年2月、東京に所用ができ、2泊することになった。宿泊先として以前から興味を覚えてい...
  3. 2016-10-2

    第166回 洗脳 VSメディア・リテラシー①

     アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...
  4. 2016-11-3

    第19回 「足を使う町」

    自転車愛な町に ちょい乗りシステム 車に頼りすぎるアメリカでは珍しく、ポートランドは公共交通...
  5. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る