未来の街の電柱「トーテム・タワー」 〜発電、蓄電、通信、充電、街燈を一体化

 新興企業のトーテム・パワー(Totem Power、ニューヨーク州ベッドフォード拠点)は、太陽光発電装置や蓄電装置、充電所、通信アンテナ、さらに街灯を兼ねるスマート都市向け設備を考案した。
 
 グリーンテック・メディアによると、トーテム・タワーと呼ばれる同設備は、高さ18フィート(約5.4メートル)のヤシの木のような設計で、最上部にソーラー・パネルを配し、内部にはリチウムイオン電池と4Gおよびワイファイの通信塔、電気自動車充電の機能が組み込まれ、さらに街灯としても機能する。
 
 「通信基幹設備とエネルギー基幹設備を組み合わせることで、スマート都市サービスの基本ができる」「未来の街にとって重要な機能を追加して、長期的に進化していくためのプラットフォームになる」と、トーテム・パワーのブライアン・ラキャンプ最高経営責任者(CEO)は話す。商業施設や公共施設の基盤設備を意図した製品がほとんど設計されておらず、「電柱は50年以上も進化していない」と同氏は指摘する。
 
 トーテム・タワーの太陽電池は5キロワットで、米国の平均的な個人住宅用ソーラー・パネルに匹敵する。リチウムイオン電池は44キロワットで、設置場所の施設に対してピーク時の需要管理機能をもたらすことを意識して設計されている。トーテム・パワーは、試作品の開発を始めたばかりだ。同製品の需要がどれほどあるかは現時点で未知数。第1号の機種は2017年夏に発売予定だ。
 
 【https://www.greentechmedia.com/articles/read/totem-power-unveils-solar-plus-storage-plus-ev-charging-concept-for-smart-c】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る