サービスナウとグーグル、新たなESG報告ソリューションを発表 ~ 企業慣行の世界的動向に対応

サービスナウ(ServiceNow)とグーグル(Google)は、ESG(environmental,social, and governance=環境、社会責任、企業統治)に関する活動実績を開示することが一般的な企業慣行になりつつあることを受けて、新たな法人向けESGソリューションをあいついで発表した。

インフォメーション・ウィーク誌によると、サービスナウがワークフロー・プラットフォーム「ナウ(Now)」に統合した新しいESG機能は、二酸化炭素排出量の削減だけでなく、多様性と包含(一体性)の向上、災害や不測の事態に対する備えの強化を含め、幅広い取り組みの管理を目的としている。

同社はまた、ESG分野の技術およびサービス提供をめぐってKPMGとの提携も拡大した。

かたやグーグルは、クラウド・サービスの一環としてカーボン・フットプリント(Carbon Footprint)を提供開始した。グーグル・クラウドの使用にともなう二酸化炭素排出量を利用会社らに提示する機能だ。クラウド・サービスによる炭素排出量算出は、クラウド利用会社らにとって実質的に不可能に近いが、カーボン・フットプリントによってそれを数値化でき、ESG報告に明記できるようになる。

ESGの活動実績を開示することは、いまや多くの大企業にとって投資家や顧客、社員らの要求に応えるうえで欠かせない業務になっている。また、議会や規制当局も開示報告やその基準に関する法律や規則の整備に向けて動いている。米連邦議会下院は今夏、上場会社に適用されるESG報告の法案を可決した。さらに、米国証券取引委員会(SEC)は、ESG開示規則を今後の重点の一つにする方針を打ち出している。

調査会社ガートナーが153人の企業幹部を対象に2021年第2四半期に行った調査では、ESG開示にともなう規制リスクがさまざまのリスクのなかで2番目に高いとみなされていることがわかった。「ESGの開示報告が世界的に自主的なものから強制的なものに変化しつつあることを示している」と、ガートナーのリスク&監査業務担当副社長マット・シンクマン氏は説明した。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  2. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  3. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
  4. NFTを買う理由 NFTの購入方法は、日々さまざまな選択肢が追加されています。現在もっとも一般的...
  5. マインドフルネスとは? マインドフルネス(Mindfulness)=“今この瞬間” の心の...
  6. Q.周りに日本人がいない環境で乳幼児を育てています。日本語をどう育んでいくか不安です。 このご質...
  7. Q.海外に長く住んでいて、子どものアイデンティティが心配です。日本人として育ってほしいのですが…...
  8. 2年前に日本食品のオンラインストアをオープンし、2021年12月22日にはジョージア州アトラ...
ページ上部へ戻る