2050年の高層ビルは自給自足

 建築工学技術を手がけるアラップ(Arup)は、2050年頃に実現する高層ビルの未来図を描いた報告書を発表し、自給自足型の高層ビルが普通になるという予想を示した。

 グリーンビズ誌によると、アラップは、2050年の高層ビルが食物を栽培し、エネルギーを生産する基地としても機能する設計になり、天候変化に自動反応して電力消費を節減する、と予想する。

 アラップは、シドニーのオペラ・ハウスを設計した会社として有名。同社は現在、中国の東灘でゼロ・カーボン都市の建設に携わっている。

 同社によると、未来の建物は、居住者のニーズに合わせてインテリジェント・システムを装備し、消費するよりも多くの資源を生産するようになる。

 「未来の都市建物は、実質的にそれ自体が生き物であるかのように機能する」「周囲の環境に反応し、また建物を使う人と対話する」と、アラップの設計コンサルタントであるジョセフ・ハーグレーブ氏は話す。

 ハーグレーブ氏によると、外壁塗装として装備できる太陽発電装置や小型風力発電装置、さらにはバイオ燃料を生産するプランクトンを通じてエネルギーを生産し、また、ナノ粒子の粘膜が炭素をとらえて酸素に変換する。

 建物内では、今日でも見られる垂直農法を利用して、肉や魚、野菜が生産される。

 建物の頭脳となるインテリジェント・システムは、エネルギー消費や天候の状況を常時把握して、各種の資源の生産や消費を最適化するための意思決定を下す。

 また、未来の高層ビルはモジュラー式設計によって、長期的なニーズに合わせた刷新や再構成が容易にできるようになる。簡単に言えば、つみ木のように組み替えることで、需要に応じて構造を変えられる機能を備える。

 また、建材には、自己修復や自己維持管理が可能になる機能も備わると予想される。たとえば、ロボットがモジュラー部品を自動的に探知、交換、修理、実装することが想定される。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る