MIT、画期的な立体印刷機を構築 〜 10種類の素材を同時使用、製作費も激安

 マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者らは26日、10種類の感光性樹脂(フォトポリマー)素材を同時に使える立体印刷(積層造形)機を既成構成品からつくったことを明らかにした。

 同大学のCSAIL(Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory)は、同印刷機を7000ドル未満で構築したと発表。3種類の素材でしか対応できない既存機種が25万ドルもすることを考えれば、破格の低コストといえる。

 コンピュータワールド誌によると、マルチファブ3D(MultiFab 3D)と呼ばれる同プリンターは、複数種の感光性樹脂の微細液滴を混ぜ合わせ、インクジェットのようなプリントヘッドを通してそれを押し出す仕組み。

 マルチファブ3Dは現段階では、紫外線硬化性感光性樹脂だけを使う。LED(発光ダイオード)の照明システムによって固まる感光性樹脂であることを意味する。

 印刷素材のコストは1ポンドあたり約10ドル、と研究者らは話している。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. オンライン上のプライバシーに関する問題は思ったよりも複雑で、デジタルプライバシーを保護するこ...
  2. 2021年6月8日

    産後うつ
    文章を書く時、明確なルールを自分に課している。それは家族のこと、仕事のことは一切書かないとい...
  3. 2020年6月に高校を卒業したニナは、その年の秋に自宅から車で40分ほどのカリフォルニア大学...
  4. バイデン大統領は2021年3月、新型コロナウイルス経済対策法案に署名し同法が成立しました。米...
  5. フロリダ州の南端に位置するエヴァーグレーズ国立公園は、北米最大の湿原地帯。フロリダ半島の真ん...
  6. 幼児期 “何を読むか” ではなく “これを読みたい” が重要 「この絵本、楽しそう。うちの...
  7. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  8. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
ページ上部へ戻る