MIT、画期的な立体印刷機を構築 〜 10種類の素材を同時使用、製作費も激安

 マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者らは26日、10種類の感光性樹脂(フォトポリマー)素材を同時に使える立体印刷(積層造形)機を既成構成品からつくったことを明らかにした。

 同大学のCSAIL(Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory)は、同印刷機を7000ドル未満で構築したと発表。3種類の素材でしか対応できない既存機種が25万ドルもすることを考えれば、破格の低コストといえる。

 コンピュータワールド誌によると、マルチファブ3D(MultiFab 3D)と呼ばれる同プリンターは、複数種の感光性樹脂の微細液滴を混ぜ合わせ、インクジェットのようなプリントヘッドを通してそれを押し出す仕組み。

 マルチファブ3Dは現段階では、紫外線硬化性感光性樹脂だけを使う。LED(発光ダイオード)の照明システムによって固まる感光性樹脂であることを意味する。

 印刷素材のコストは1ポンドあたり約10ドル、と研究者らは話している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  2. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  3. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  4. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
  5. モンタナ州で グランピング体験 モンタナ州の北部、カナダとの国境に位置するグレイシ...
  6. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  7. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  8. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
ページ上部へ戻る