グーグル、スウェーデンのVR新興企業に出資 〜 欧州のVR企業に初の投資

 グーグル傘下のグーグル・ベンチャーズ(Google Ventures)は、スウェーデンの仮想現実(VR=virtual reality)ゲーム開発会社レゾリューション・ゲームズ(Resolution Games)に出資した。

 レゾリューション・ゲームズはグーグル・ベンチャーズ以外からも同時に出資を受けており、その総額は600万ドルで、その結果、同社の企業評価額は2500万ドルに達した。

 グーグル・ベンチャーズが英国以外の欧州企業に投資したのは今回が初めて。

 ウォール・ストリート・ジャーナルによると、グーグル・ベンチャーズはこれまで、ジャーント(Jaunt)やアルトスペイスVR(Altspace VR)といった米国のVR技術新興企業に投資してきたが、欧州のVR企業に出資したことは今回までなかった。

 VR技術は昨今、フェイスブック傘下のオキュラス(Oculus)をはじめ、ソニーやサムスン(Samsung)による研究&開発が活発化している。特に、オキュラスとソニーは、消費者向けVRヘッドセットを2016年に発売する計画を進めており、史上初めて、消費者向けVR機器市場が本格的に開拓されることに期待が高まっている。

 グーグルでもVR技術の開発には数年前から注力しており、フェイスブックやソニーに対抗するために投資を強化している。

 それらの大手各社がけん引するのはゲーム市場であるため、VRのハードウェアもソフトウェアもゲーム関連が最大分野になる見込みだ。しかし、一部では商業利用の可能性も注目されている。

 たとえば、商業不動産物件の内見や視察、あるいは未完成の高層建物の完成予定内装の立体仮想映像をVRヘッドセットによって潜在顧客に見せるといった応用法がすでに試験運用されている。また、遠隔地の生産現場を取り引き先に仮想視察(ヴァーチャル・ツアー)させる活用法も開発中だ。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  2. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  3. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  4. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  5. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  6. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  7. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  8. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
ページ上部へ戻る