秋の味覚、ダンジネス・クラブ
神経毒の脅威で解禁遅れか?

Photo © Dungeness crab

Photo © David Parker

 サンフランシスコの秋の味覚、ダンジネス・クラブの漁のシーズンが始まったが、今年は神経毒への懸念により、解禁が遅れそうだ。
 11月2日付サンフランシスコ・クロニクルの記事(“Toxic bloom puts Dungeness crab season start in doubt”)によると、当初はレクリエーション漁の解禁は11月7日で、サンフランシスコ・ベイエリアの商業漁の解禁は同15日に予定されていた。
 しかし、8カ所のベイエリアの港から集められたカニのドウモイ酸の検査結果によって、解禁日が遅れる可能性が浮上した。ドウモイ酸は神経毒で、記憶障害や麻痺、最悪の場合は死に至るケースもある。
 エルニーニョ現象による海水の温暖化で、海洋プランクトンのプセウドニッチア属(ドウモイ酸を生産するケイ藻を含む)が大量に発生した。ドウモイ酸は貝やそのほかの海洋生物に付着して育ち、食物連鎖に入っていく。
 こうした現象は常に起きているが、今年のような大量発生、かつ長期継続はかつてないことだという。
 被害を受けているのは、ダンジネス・クラブの漁師だけではない。今年のイワシ漁は、個体数が急減したため、5月に緊急中止となった。
 10月末にはアメリカ海洋大気圏局(MNFS)が、数百万ものキングサーモンの稚魚および卵が、干ばつによる水温上昇により、サクラメント川で死んだと報告している。
 また、ドウモイ酸の検出値が高いことを理由に、カリフォルニア公衆衛生局は、サンタクルズ、モントレー、サンタバーバラの各郡で、レクリエーション漁で収穫した二枚貝(ムール貝、アサリを含む)、またレクリエーションおよび商業漁で収穫したアンチョビやカニを食べないよう警告している。夏にはワシントン州でも同様の理由により、ダンジネス・クラブ漁が禁止された。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...
  2. Canada オーロラベルト直下イエローナイフ 幻想的なスペクタクルショー  オー...
  3. まだ暑い9月ですが、一足先に秋のメニューをご紹介します。主菜には、北海道の郷土料理、ちゃんちゃん焼き...
  4.  数カ月の間に二人の親しい知人をあの世に見送った。庭に生息する小さな虫さえ動かなくなるのを見...
  5. 日本は、フランス贔屓で有名な国だ。当然ワインといえば、フランスが唯一最高と信じる国粋主義者(...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る