第144回 医療保険 - PPOネットワークを利用して節約する

文/安岡忠展(Tadanobu Yasuoka)

医療保険でよくPPOと聞きますが、PPOとは、Preferred Provider Organizationの略です。PPOタイプの保険では、自分の主治医を決める必要がなく、好きな医者を選ぶことが出来ます。医療機関はPPOネットワークに加入する際に割引料金で治療することに合意していますので、PPOネットワークに加盟している医者、医療機関、病院を利用することによって割引料金が適用されます。

PPOタイプの保険はネットワーク内とネットワーク外で保険の適用率が違います。例えば80/50と書かれている場合は、ネットワーク内の場合80%カバー、ネットワーク外の場合50%カバーという意味です。ここで気を付ける点があります。80/50の場合だとネットワーク外での治療は50%カバーされるはずですが、実際にはそうではありません。ネットワーク内と外での負担率を比較してみましょう。

table-1
 ネットワーク内の場合、まず割引が適用されて請求が安くなっています。その割引料金に対して80%カバーされますので、上記の例の場合は$3000の請求に対して$400の支払いですみます。

ネットワーク外の場合は50%カバーですが、請求額の$3000に対して50%ではありません。ネットワークを利用した際の割引料金(又は一般的な金額(Usual, Customary & Reasonable))に対して保険が適用します。上記の例の場合は$2000に対して50%がカバーされ、自己負担が$2000になってしまいます。ネットワーク外の場合、医療機関が一般よりも高い金額で請求した場合には、自己負担が大変高額になる恐れもあります。

自己負担を小さくするためには、できる限りPPOネットワーク内の医療機関を利用することをお勧めします。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

安岡忠展 (Tadanobu Yasuoka)

ライタープロフィール

全ての保険を取り扱う総合保険代理店「ダイワ保険代理店」代表。顧客の保険代理人として「お客様にとってベストなプラン」を提供する。目標は「全ての保険を取り扱うことでお客様のニーズを把握し、生涯のパートナーとしてお付き合いいただくこと」。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 2年前に起業を決意 まずはインスタグラム  2年前にポートンランドで起業して、今やオ...
  2. 誰もが知ってるファーストフードの店マクドナルド。しかし、フランチャイズ化を成功させたのは、創...
  3. 前を走っている車が跳ねた石が、車のフロントガラスに当たって傷がついた経験がある人も多いと思い...
  4. 金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  5. 食物は加工せず 添加物もなし  ここ数年、「新しくて古いダイエット法」と呼ばれ、注...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る