【英会話】YOKOのLA通信第60回

読者の皆さん、こんにちは。
先週号をアップしてすぐに起こったFlorida, ParklandのDouglas高校での銃殺事件。
今回は19才の同校の卒業生が全く罪のない17名もの学生そしてFootballのアシスタントコーチを射殺しました。
このコーチAaron Feisは他の学生達を守るために自らが生徒達の上に覆い被さり弾丸を受けて亡くなりました。
彼についてのコメント記事です。

It is with Great sadness that our Football Family has learned about the death of Aaron Feis. He was our Assistant Football Coach and security guard. He selflessly shielded students from the shooter when he was shot. He died a hero and he will forever be in our hearts and memories.

その日のニュースで子供を亡くした多くの親達のコメントを聞いているだけで涙が出てきました。朝いつものように学校に送っていってまさかそれが最後になるとは誰も思っていません。
親としてどんなに悲しいことなのか、想像を絶します。

そして次に子供達が立ち上がり下記の要項を宣言しました。
“On April 20, 2018, school children around the country in public and private schools will be signed out and walk out at 11:00 am Colorado time, and march to mayors’ offices, governors’ offices, the White House, local NRA offices, Mar-a-Lago, campaign offices, etc. Enough is enough. And saying “enough is enough” is getting old. Not one more student should die by gun violence.”
一体いつになったら、何人の人達が被害にあったら銃規制が行なわれるのでしょうか?
残念と言うよりここまで同じことを繰り返していることに怒りを感じます。今後の動きを見たいと思います。

冬季オリンピック:日本頑張っていますね。きっと盛り上がっていることと思います。男子フィギュアスケートそして次に女子スピードスケートで金メダル!凄く嬉しかったです。
練習に練習を重ねその結果が一瞬で決まってしまう、かなり強い精神力が必要になります。
尊敬の一言です。

ビルと私の週末:月曜日がPresident Dayでお休みでした。
ロスは真冬のような寒さが続いていますが、ビルと一緒に日曜日は久々にビーチでBike ridingを楽しみました。
驚く程の人出でビックリしましたが、やはりビーチは最高です。
月曜日はビルと一緒にジムに行き汗を流しました。
私は早朝ランもしましたので、月曜日は一日中体を動かしていました。
寒い時こそ家に閉じこもらないで、適度に体を動かす方がいいですね。
でも日本の寒さとロスの寒さは違うので一概には言えませんが。
今週の日曜日はチームと30キロランです。頑張ります。

[今週の写真]

寒い日に食べるビルさんが作ってくれたチリです

ビーチにて

bike riding with Billy

lunch at the beach

【前回の課題解答】★★★

YokoはBillにBYBの隣のオフイスに入ってくる新しいテナントについて話しています。

Yoko: A business is moving in next to me that don’t even belong here.
I complained to the management but I would have been better off talking to a wall.
ここには適さない新しいビジネスがうちの隣に引っ越してくるのよ。マネージメントに文句を言ったんだけど、まるで聞く耳を持たないのよ。

Bill: Why are you jumping the gun? It may not be all that bad. Just see how it all works out.
何をそんなに焦っているの? 思っている程悪くないかも知れないだろう。しばらく様子をみてみたら。

Yoko: Are you kidding I already know because the business that was there before was doing the same thing. Every week I just wanted to scream.
何、冗談言っているのよ、その前のビジネスも同じようなことをやっていたのよ。毎週悲鳴をあげたかったわ。

Bill: What do they do that is so wrong?
何をそんなに嫌なことをやっているの?

Yoko: It’s like a senior center and it is a free for all. People park all over, sing songs, movie night and the lists just goes on.
シニヤーセンターのような感じで、誰でも参加できるし、好きな所に車は停めるし、歌は歌うし夜の映画会とか、挙げたらきりがないわ。

Bill: Oh I see. It’s a community center for older people. You got a point that kind of things requires a proper location.
なるほどね。ご年配の人達のコミュニティーセンターってことだね。君の言う通りだよ、その手のことをやるなら、ちゃんとした場所が必要だね。

Yoko: Thank you!
わかってくれてありがとう!

<宿題のポイント>
●better off talking to a wall = can not convince by talking
●Why are you jumping the gun? = どうして焦っているの?
● it is a free for all = many people take part

【今回の課題】★★★

下記の文章を訳して下さい。

Billは車の修理屋さんのMikeと話しをしています。

Bill: My car is on the blink and it is going to end up costing me an arm ad a leg. So how much is the damage?

Mike: Not too fast, let me take a quick look at it because you never know it may just be a simple thing.

Bill: Boy I hope you are right because last two months have been a little rough.

Mike: Well, from what I can tell for about $100 you’ll be back in business.

Bill: Really? That’s great so when can you fix it?

Mike: Well if you have about 30 minutes I should have you out of here.

Bill: Of course, I’m going to run across the street and grab something. I’m starving.

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

陽子 Senesac

陽子 Senesac

ライタープロフィール

高校卒業後、5年間英国留学。帰国後日本で出会ったビル.セニサック氏と結婚。
1985年、同氏とともにロスアンゼルスで日本人ビジネスマンを対象にした全クラス個人レッスン制の英会話スクールBYB English Centerを開設。
以来、30年以上LAに駐在するビジネスマンから幼児まで、全クラス個人レッスン制の英語教育に徹し、生徒さんのニーズに合った英語を指導。現在では、現地でも有数の英会話スクールへと成長している。2011年4月よりBYB Irvine校をスタート。

書籍:
* 英語で楽しく雑談できる本      2008年 あさ出版
* 今日から始める英語100語日記    2010年 あさ出版
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2012年 きこ書房
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   ビジネス日常会話編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   困っている外国人に話しかけたくなる英語編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2015年 きこ書房
   日常英会話ロサンゼルス編

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る