シリーズアメリカ再発見⑩ サウスダコタ
国立公園とバッファロー大平原をゆく

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

Chad Coppess / South Dakota Department of Tourism

カスター州立公園のシンボル、バッファローの群れ
Chad Coppess / South Dakota Department of Tourism

­­

Day 4

 ヒルシティーを出て、87号をカスター州立公園へ向かう。アメリカ有数のバッファローの生息地で、7万エーカーを超える土地に約1300頭が暮らしている。

 ガイドブックやパンフレットを見ると、大量のバッファローが車道だろうとお構いなく歩き回り、観光客の車を取り囲む写真が出ている。西部には野生のバッファローが見られる場所は幾つもあるが、こんな「大接近」体験ができるのはカスターだけだと聞いていた。

 公園に入ると、87号はニードルズ・ハイウェイと名称を変える。針の穴に糸を通すような感覚でドライブするので、この名がついた。
 車1台通るのがやっとの細いトンネル、急勾配のヘアピンカーブ…。すばらしい景観がスリル満点のドライブに華を添える。

針の穴に糸を通すようなスリル満点のドライブが楽しめるニードルズ・ハイウェイPhoto © Mirei Sato

針の穴に糸を通すようなスリル満点のドライブが楽しめるニードルズ・ハイウェイ
Photo © Mirei Sato

 ニードルズを抜け、公園の深部へ。「バッファローだらけ」というワイルドライフ・ループを運転する。
 すぐにプロングホーン・アンテロープの一群とすれ違った。

 しかしループの3分の2を過ぎてもバッファローはいない。道を間違えたのかと思っていると、ビジターセンターの周りに突如黒山が見えた。いたいた!

 以前、ユタ州でバッファローを見たとき、「数秒間でゼロから時速35マイルまで走り出せる。近づきすぎると暴走するから気をつけて」とガイドに言われたのを思い出した。体重は2千パウンド、身長は人間の大人の肩ぐらいだ。カスターの入り口にも「近寄らないように」という注意書きがあった。

 速度を落とし、そっと窓をあけてカメラを向けるが、まったく興味がなさそうでモグモグ草を食べているばかり。取り囲まれたらどうしようと期待なかば心配していたのに、なんの反応もない。

 しばらく走ると柵の中に数頭の群れを見つけた。これなら安心と思い、車を降りて柵に近づくと、すっと背を向けてトコトコ去ってしまう。のそのそした動きのわりに逃げ足は速い。

バッファローは大きくて力強く、予測のつかない動物だ。先住民は精霊からの贈り物として尊んだPhoto © Mirei Sato

バッファローは大きくて力強く、予測のつかない動物だ。先住民は精霊からの贈り物として尊んだ
Photo © Mirei Sato

 さらに運転するとかなり大きな集団が見えた。1頭だけ離れて車道のそばで草を食べている。これを逃したらもう写真が撮れない。

 車を止めて助手席の窓をあけ、カメラを突き出す。でも顔をあげてくれないし、黒い毛の中に黒い目が埋もれていて写真にうつらない。正面から撮りたい。
 運転席のドアをあけて降り、車の前に回った。目が合う。よし。シャッターを切る。ファインダーをのぞくと今ひとつ。もう1枚。そう思った瞬間。

 「フンッフンッ!」。鼻息を荒げた大きな音がしたかと思うと、トロットして飛び出してきた。そのステップたるや…
 ただの2~3歩だったと思うが、素早さと獰猛さは「マッドダッシュ」と呼ぶにふさわしかった。

 走って運転席のドアの後ろに逃げたが、助手席側の窓があいたままだ。バッファローはそこからノウッとこちらを見ている。そのまま車をはさんで、「見合って見合って」が何秒か続いた。
 私が完全にビビったのが分かったのだろう。バッファローは足をとめ、威嚇の表情だけを残して、戻っていった。

 野生の動物を甘く見てはいけない…。冷や汗をぬぐいながらアクセルを踏んだ。
 それにしても、観光地で暮らしているのだから、もっと「人慣れ」してもいいだろうに…。野生の血というのは一生変わらないのか、それともここ数日バッファローを食べまくっているから恨みを買ったのか?

 「バッファローは本来、暴力的な動物ではない」。次に向かったウィンドケーブ国立公園(やはりバッファローの全米有数の生息地)で教わった。

 ヨーロッパ人がくるまで、北米の大平原には最大で6千万頭のバッファローがいた。先住民は、バッファローを偉大な精霊からの贈り物と尊び、衣食住の糧にした。
 しかし狩猟者や開拓者が入ってきて、バッファローの毛皮が「ファッション」になると、状況は一変。1864年に開通したノーザン・パシフィック鉄道は、「バッファロー狩りアドベンチャーの旅」を売り出した。乗客が走っている列車からバッファローを撃つ、という趣向だった。

 プロングホーンやオオカミも狩りの対象になり、線路ぎわに動物たちの死体が打ち捨てられた。
 先住民は驚愕し、食料を奪われて飢えてしまった。こうして1850年に2千万頭いたバッファローは、50年後には1千頭以下にまで減ったそうだ。

 民族の凄惨な歴史や虐殺の体験というのは、世代が代わっても忘れないものだ。人間に置き換えてみればよく分かること。
 バッファローだってきっと忘れていない。今も私たちに怒りを抱いていて当然なのかも知れない。

 後日観光ガイドブックを読み直していたら、「バッファローには決して近づかないこと。必ず車の中から、100メートルは離れた距離で撮影を」と書いてあり、さらに反省した。

ルールはしっかり守るべしPhoto © Mirei Sato

ルールはしっかり守るべし
Photo © Mirei Sato

 カスターにいるのは危険動物ばかりではない。
 社交的なプレイリードッグは、穴の中から顔をのぞかせておしゃべりに夢中。車が近づくと鳴き声で注意しあって、ぱっと逃げて隠れてしまう。人間の集落を見ているようで愉快だ。
 公園内のロッジやキャンプサイトの周りには、シカが我が物顔でうろうろしている。

1 2 3

4

5 6 7

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  2. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
  3. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  4. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  5. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  6. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  7. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  8. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
ページ上部へ戻る