シリーズアメリカ再発見⑩ サウスダコタ
国立公園とバッファロー大平原をゆく

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

Photo © Mirei Sato

マウントラシュモアへ
Photo © Mirei Sato

­­

Day 3

 サウスダコタは知らなくても、マウントラシュモア国定公園は世界中の人が知っている。

 建国の父ジョージ・ワシントン、独立宣言を起草したトーマス・ジェファーソン、南北戦争を経て国を統一したエイブラハム・リンカーン、20世紀のアメリカを超大国に押し上げる基礎をつくったセオドア・ルーズベルト。4人の大統領の頭部を岩山に彫った記念碑だ。
 映画の舞台、愛国心をあおるポスターや、大統領選挙報道のバックグラウンドにも使われる。

 実際に仰ぎ見ると相当の高さにあることが分かる。465フィート。ニューヨークの自由の女神像を3つ重ねたより高く、ギザのピラミッドとほぼ同じだ。
 入り口の門にはアメリカ国旗や各州旗が掲げられていて、その先のテラスに観光客が集まっていた。「WOW」「はるばる来てよかった」と声が上がる。

 地元の歴史家が「有名人の巨像をつくれば観光客を呼べる」と発案し、1941年に完成した。
 太陽が通る道から光と影の角度を計算して、天候や見る位置によって表情やムードが変わることまで考えて彫ったという。確かに、空の曇り具合や場所によって、4人の顔は威厳に満ちたようにも苦悩の表情にも見える。

1927年に連邦政府の資金で一大事業が始まった。当初は上半身を彫る予定だったが、大恐慌で資金が不足し顔だけになったPhoto © Mirei Sato

1927年に連邦政府の資金で一大事業が始まった。
当初は上半身を彫る予定だったが、大恐慌で資金が不足し顔だけになった
Photo © Mirei Sato

 4人の中にジェファーソンが選ばれたのは、独立宣言以上に、領土を拡大したことが評価されたからだ。
 ジェファーソン政権は、勝手な条約を結んで先住民から豊かな土地を奪い、居留地に強制移住させ、抗うものは皆殺しにするとした。続く政権もそれに従い、西部開拓が進んだ、という歴史がある。

 ラコタ族を追い出したブラックヒルズに、白人大統領の偉業を刻む――。栄光と偽善。この二面性こそアメリカーナの遺産だ。

 ラシュモアから西へ約30キロのところに、アンチ・ラシュモアともいえる巨像がつくられている。連邦軍に殺されたラコタの戦士をモデルにしたクレイジーホース記念碑だ。

 「レッドマンにも英雄がいる」。ラコタの部族長らの依頼を受けて、65年前にコルチャック・ジオルコウスキという一人の男が建設を始めた。
 未完のまま亡くなったが、子供たちが継承して、岩山にダイナマイトを仕掛けては少しずつ彫り込んでいる。

クレイジーホース記念碑Photo © Mirei Sato

クレイジーホース記念碑
Photo © Mirei Sato

 「My lands are where my dead lie buried」(私の死骸が横たわるところ、そこが私の土地だ)という言葉を遺したとされるクレイジーホース。
 記念碑は、馬にまたがり、ブラックヒルズを指差すデザインだ。完成すれば、高さも大きさもラシュモアをしのぐ。

 皮肉なことに(驚きではないが)、ラコタの人たちの多くはこの巨像を苦々しい思いで見つめている。
 そもそも部族の総意のもとに始まった計画ではなく、彼らは大統領のような一人の統治者をもたず、政治家を英雄視もしない。何より、彼らが求めているのは聖地ブラックヒルズの正当な返却であって、その山を爆破して先祖の顔を彫ることではないからだ。

1 2

3

4 5 6 7
Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  2. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  3. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  4. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  5. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  6. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  7. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  8. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
ページ上部へ戻る