シリーズ世界へ! YOLO⑫
行っちゃいました! 夢の南極 (Antarctica)
〜前編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 


 

Day 4  ︱  9 December 2012

  • 記録時間1900hrs
  • 緯度64˚25′ S/経度61˚47′ W
  • 針路317˚/速度6.6 knots
  • 気圧979.9hPa/風速7 knots SW
  • 気温0℃/海面温度0℃

 朝目覚めて甲板へ出ると、そこは別世界だった。太陽が差し込むごとに、グレイシャー(氷河)が輝く。ハンバック・ホエール(ザトウクジラ)の群れが、船の前を泳ぎ回る。「南極半島へようこそ」。そう言っているかのようだった。

 朝食を食べると、準備をして最初の上陸になった。どれぐらい寒いのか分からない。日焼け止めを塗り、着れるものはすべて着込んで甲板に出てみると、皆わりと軽装である。私だけがモコモコしていたが、見た目は気にしていられない。カメラや荷物は濡れてもいいようにビニールでぐるぐる巻きにして、ゾディアックに乗り込んだ。

 最初の上陸先は、ハイドルーガ・ロックス(Hydruga Rocks)だ。ここにはチンストラップ・ペンギン(アゴヒゲ・ペンギン)の大きなコロニーがある。岩といっても山であり、膝上までズボズボと雪にはまりながら結構しんどい登山だが、その先に喜びが待っている。
 じゃっかん平らで、氷が融け、岩と土がむき出しになったところに、チンストラップがわんさかいた。アゴの下から側頭部へ、すっと黒い線が入って、ひもつきゴム帽子をかぶっているようなユーモラスな顔つきだ。

 ペンギンは大半を水の中で過ごす。陸に上がるのは卵を産み育てる時だけで、それは氷がじゃっかん融ける夏、まさに今だ。

 「しんどい登山」と書いたがペンギンも同じ急斜面を同じ距離登ってくる。彼らが通る道は決まっていて、海岸からコロニーまで数本の「ペンギン・ハイウェイ」ができている。小さいが強靭な足でしっかり踏みならされ、スキー板で滑った跡のようだ。ここを何度も往復して、巣作りに必要な小石や、海に潜って獲ったエサをコロニーへ運ぶ。
 私たちもそこを通れたらどんなにラクかと思うが、それはできない。忙しいペンギンたちの邪魔にならないよう、最低でも数メートルは離れてそっと観察する。

 チンストラップの王国にはいろいろな訪問者がやってくる。岩陰でウェッデル・シールの赤ちゃんがすやすや寝ているかと思えば、3匹のジェンツー・ペンギンが上陸。悪巧みをするような目つきで、ギョロリとあたりを見回している。
 

 
 午後は雲一つない快晴になった。船に戻ってランチを食べた後、再びゾディアックに乗り込み、ポータル・ポイント(Portal Point)へ。ここは島ではなく南極大陸と地続きになるので、本当の意味での「南極上陸」だ。
 私たちの中には「世界7大陸制覇」が目的でこのクルーズに参加した人もいたから、ゾディアックを降りて雪の大地を踏みしめるや、感動の声があちこちで上がった。アジア、アフリカ、ヨーロッパ、北米、南米、オセアニア、そして南極。ここに来るまで考えてもいなかったが、私もこれで全部制覇したことになる。皆で、指を7本立てて記念撮影した。

 雪の急斜面を登る。一息ついて後ろを振り向くと、真っ青な空と美しい湾が広がっていた。海に向かってまっすぐドスンと落ちるように立つ氷壁。センセーショナルとしか言いようがなかった。

 初期の探検家たちは、このポータル・ポイントから南極点へ向かった。戻らなかった人もいる。地球上で最も高く、最も冷たく、最も厳しく、最もマジカルな大陸がこの先にある——。言葉もなく、私たちはただ目の前の雪山を見つめていた。

 夕暮れの南極をゾディアックでクルーズした。氷山の合間をぐるぐる回る。それは氷の回廊にも、氷の墓場にも思えた。一つとして同じ形のものはない。オペラハウス、水を飲む白鳥、老婆の顔、魔女が住む館に見えたりする。どんなアーティストもかなわない。

 水って無色透明ではないんだ、と驚いた。真っ青だったり、エメラルドグリーンだったり、甘い水色だったり。世界のほかのどの海でも見たことがない色と光を放っていた。

 船に戻る。サーモンとチョコレートプディングのディナーを食べていると、ドン隊長のアナウンスで甲板に呼び戻された。船のへさきにオルカの一家が顔を出していた。
 なんとすごい1日だったことだろう。まだ初日なのに!
todays_quart

 


 

1 2 3

4

5 6

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る