シリーズ世界へ! YOLO⑫
行っちゃいました! 夢の南極 (Antarctica)
〜前編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

“Perfect Reflection”=5日目、ゲルラッシュ海峡 Photo © Mirei Sato

“Perfect Reflection”=5日目、ゲルラッシュ海峡
Photo © Mirei Sato

Day 5  ︱  10 December 2012

  • 記録時間1900hrs
  • 緯度64˚50′ S/経度62˚32′ W
  • 針路At anchor/速度At anchor
  • 気圧973.3 hPa/風速calm
  • 気温8℃/海面温度0℃

 今日も素晴らしい天気だ。空も海もロイヤルブルーに輝いている。ゾディアックに乗り込み、クーバービル・アイランド(Cuverville Island)へ。ここはジェンツー・ペンギンの島だ。大ヒットしたアニメ映画「ハッピー・フィート」の製作者はこの島からインスピレーションを得たそうだ。

 島の両端にあるコロニーと海岸を結んでペンギン・ハイウェイが縦横に走り、その上をジェンツーたちが駆けずり回っている。上陸してうろうろする私たち人間になどお構いなし。時々「なんだよこいつら」という感じで立ち止まり一瞥をくれることもあるが、ほとんどは自分たちの生活で手いっぱい。「あー忙しいったら忙しい!」。そんな声が聞こえてきそうだ。
 それも当たり前。短い夏の間に、身繕いして求愛して、卵を産んで巣を作り、子育てもしなければならないのだから。

 ハイウェイの交差点で、にらみ合ったり、道を譲り合ったり。道路からはずれて深い雪にスポッとはまり、ツルッと転んでお腹から滑り降りることもある。お腹が出ているわりには、すごい脚力と筋力だ。
 海岸では水泳教室でもやっているのか。次々にジャンプしていく元気なのもいれば、おっかなびっくり足を浸しているだけのもいる。

 かわいくてユーモラスな顔つきのチンストラップに比べて、ジェンツーはちょっと生意気、ふんぞり返った態度が見えて面白い。島中にギャーギャーと鳴き声が響く。求愛していたかと思うと、突然お尻をぴゅっと突き出してウンチをはき出す。岩にこびりついた糞の臭いはかなり強烈だ。そのまま船室に持ち帰ってしまうと大変なことになるから、甲板で靴の底をしっかり洗い流すのが私たちの日課だ。

 人間がペンギンにことさらの愛情と親近感を抱くのは、たぶん自分たちとよく似ているからではないだろうか。
 せっせとまじめに小石を運ぶペンギン。一つ積み上げて、後ろを向いてもう一つくわえているすきに、「お隣さん」のペンギンがすっと盗む。まじめなペンギンは、働いても働いても巣ができ上がらない。おかしい。気づいて大げんかが始まる——。そんなドラマがあちこちで見られた。

 しかしちょっとでも卵から目を離そうものなら大変だ。岩の上からスクア(トウゾクカモメ)がじっと狙っている。滑稽で過酷で、ペンギンの一生もサバイバルの連続なのだろう。

 船に戻った。休む間もなく甲板に呼ばれた。南極半島でもとりわけ美しいゲルラッシュ海峡(Gerlache Strait)だ。霜降り牛のような雪山にはさまれた狭い航路を、ゆっくりと船が進む。水面に映るリフレクションが素晴らしい。目の奥までキーンと冷えるような美しさだ。

 「来てよかったね」「船酔いに耐えた甲斐があった」。甲板に笑顔と安堵が広がった。魔のドレイク海峡は、南極へ行くための通過儀礼、まさに「パッセージ」だったのだろう。

 船の先にカヤック・チームが見えた。一行のうち体力があって冒険好きの10人はゾディアックで上陸せず、カヤックで南極を楽しんでいる。甲板から皆で手を振った。

 ランチの後、ニコ・ハーバー(Neko Harbour)へ上陸した。ここには活発なグレイシャーがある。かなりの急斜面を登山して、高台のふちに腰掛けた。待つこと約1時間。もう諦めて下山しようかという時、ドドドーンと轟音がして雪の棚が崩れ落ちた。氷のしぶきが上がり、波が海岸に押し寄せる。その輪はすぐに静まり、水面はまた動かなくなった。

 海岸へ戻ると、ジェンツー・ペンギンの群れが忙しく動き回っていた。むき出しになった岩肌に緑のコケが生い茂り、アークティック・ターン(キョクアジサシ)が巣を張ってヒナ鳥にエサを与えている。

 南極は、夏まっさかり。グレイシャーがまた一つ、音を立てて落ちていった。
 


 

1 2 3 4

5

6

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る