シリーズ世界へ! YOLO⑫
行っちゃいました! 夢の南極 (Antarctica)
〜前編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

ケープ・ペトレル。これが見えたら南極が近い=3日目 Photo © Mirei Sato

ケープ・ペトレル。この鳥が見えたら南極が近い=3日目
Photo © Mirei Sato

Day 3  ︱  8 December 2012

  • 記録時間2030hrs
  • 緯度62˚38′ S/経度61˚57′ W
  • 針路165˚/速度9.9 knots
  • 気圧983.9 hPa/風速calm
  • 気温1℃/海面温度1℃

 最初のアイスバーグ(氷山)が見えたのは3日目の昼前だ。それからは大小の氷山が次々に現れた。波間に無数の小さな白い氷の塊がぷかぷかと浮き沈む。どこかの氷山から融けて割れて流れてきたのだろう。そう、南極は、夏なのだ。

 湖のように穏やかな海。甲板に出た私たちの頭上をケープ・ペトレル(ウミツバメ)の群れが悠々とグライドしていく。「この鳥が見えたら南極が近いサインです」とジョン博士が言っていた。黒い眉のアルバトロス(アホウドリ)も見えた。

 午後は、明日からの上陸に備えて全員参加でボート「ゾディアック」のレクチャーがあった。船酔いでずっと部屋に閉じこもっていた面々も復活。下船時と乗船時には必ずネームタグを裏返す、と教わる。これをしないと誰かが行方不明になっていても分からない。

 続いて、上陸時に身につける衣類や靴を持ち込み、すべてバキュームクリーナーで掃除した。南極の環境を守り、外から異質物を極力持ち込まないようにするためで、最も大切な準備の一つだ。

 上陸のタイミングは、天候などを見てドン隊長が見極める。アナウンスが流れたら30分以内に着替えて甲板に集合しなければならない。手順や持ち物をもう一度頭に叩き込んだ。

 「南極に来るにあたって皆それぞれ、いろいろな期待を抱いていると思うが、それはここで捨ててほしい。相手は大自然と野生動物。何が起きるかは分からない」「湿気があるので体温はすぐ下がる。最悪の事態を考えて準備するように」と言われた。

 夕方、ユーリ船長の主催でウェルカムドリンクが開かれた。
 「Good luck and be brave!」。ドン隊長の掛け声に合わせ、パンチで乾杯。黄金色の夕焼けを背に、明日からの冒険を夢見た。

黄金色の夕日。明日はいよいよ南極上陸=3日目 Photo © Mirei Sato

黄金色の夕日。明日はいよいよ南極上陸=3日目
Photo © Mirei Sato


 

1 2

3

4 5 6

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る