シリーズアメリカ再発見㉕
シカゴ名物球場アニバーサリー

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

レイク・ミシガンの湖岸を走るレイク・ショア・ドライブの夜景は絶品。「Are you on LSD?」(LSDを運転中?/ドラッグやってるかい?)のジョークもある© City of Chicago

レイク・ミシガンの湖岸を走るレイク・ショア・ドライブの夜景は絶品。「Are you on LSD?」(LSDを運転中?/ドラッグやってるかい?)のジョークもある
© City of Chicago

 ツアーに同行していた、シカゴのスポーツに詳しいガイドのテリー・ソロモンさんは、アメリカ人とスポーツの関係を、こう説明する。

 「アメリカにはヨーロッパのように長い歴史がないし、文化的な英雄が何人もいるってわけじゃない。その代わり、私たちのヒーローは、スポーツ選手なんだ。ウォルター・ペイトンやマイケル・ジョーダンのようにね。スポーツから、我々はすごくたくさんのことを得ている。お金や娯楽、人との絆、誇り、アイデンティティーも」

 ゴールド選手は、「シカゴのファンは、クレイジーで、素晴らしいよ。シカゴではいろんなチームが何度も優勝している。スポーツはこの街の心臓みたいなものなんだ」と言っていた。

 その通り、プロスポーツのファンにとって、シカゴは最高の街だ。野球(カブス、ホワイトソックス)、フットボール(ベアーズ)、バスケットボール(ブルズ)、アイスホッケー(ブラックホークス)、サッカー(ファイヤー)。個性あふれるチームが入れ替わり立ち代わり、ファンの人生にプラスアルファの興奮と楽しみ、期待と絶望をもたらしてくれる。

 軟弱者にはマイナス15度の生観戦はつらいだろうが、スタジアムに行かなくても、シカゴの街にはスポーツバーが山ほどある。名物のディープディッシュピザに地ビールさえあれば、テレビの前で1日中座っていても飽きることはない。

 ◆ ◆ ◆

 最近のプロスポーツのスタジアムの名前は、命名権をもつスポンサーの都合でころころ変わる。そんな中でソルジャーフィールドもリグリーフィールドも、長い間、ファンが親しんできた名前を保ち続けている。
 しかし変化の波は少しずつ押し寄せている。

 カブスは最近、リグリーフィールドの改修計画を発表した。外野席に広告用の看板を増やし、大きなスコアボードも設置する。位置やサイズによっては、ルーフトップは眺めを失い、営業できなくなる。球場の印象もだいぶ変わってしまうかも知れない。

 カブスに呪いをかけた「Billy Goat Tavern」は、かつてミシガン・アベニューとシカゴリバーが交わるところにある、地下の薄暗いバーだった。シカゴの2大新聞社「シカゴ・トリビューン」と「シカゴ・サン・タイムズ」の本社ビルの中間地点で、夜勤や朝番明けの新聞記者がたまり場にしていた。
 今もその店は営業しているが、ビリー自体はチェーン化した。名物のチーズバーガーは、今やシカゴの空港のフードコートでも食べられる。サン・タイムズは度重なるリストラで名物記者を次々に失い、川べりにあった本社ビルは2004年に壊された。跡地には、高級ホテル&コンドミニアムが建っている。


取材協力/Special thanks to Choose Chicago

1 2 3

4

5 6 7
Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  2. 突然ですが、女性の皆さんは、布ナプキンを使ったことはありますか? 実は私は一度も使ったことが...
  3. ご自身が生涯をかけて働き、築き上げ、成長させてきた資産があれば誰もが大切な人に受け継いで欲し...
  4. ある時、SNSを通じてTASKIという教育サポートグループが主催するウェビナーのお知らせが届...
  5. カナダ東部のケベック州は、人口の80%がフランス系移民、フランス語を公用語とする異色の州。そ...
  6. 私は長い間、天国を探して生きてきたような気がする。ほとんど前進していないのろまさだが、一応、...
  7. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  8. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
ページ上部へ戻る