シリーズアメリカ再発見㉕
シカゴ名物球場アニバーサリー

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

© City of Chicago

© City of Chicago

 選手が入場するのと同じ、暗いトンネルを抜けて、フィールドへ出た。
 小さい。観客席との距離が近い。ぎゅっと詰まった感覚だ。
 それもそのはずで、収容人数6万7000人は、NFLのスタジアムとしては2番目に小さい。今や8万人は当たり前、10万人以上収容のスタジアムも増えているから、よけいに小じんまりと感じる。
 視界をさえぎるものがないので、どの席からも試合がよく見える。それがファンにとってはメリットだ。

 一方、席数が少ないので、ベアーズの試合は常にソールドアウト。なかなかチケットが手に入らない、というのがファンにはつらい。狭すぎるという理由で、おそらくスーパーボウルも開催できないだろう。
 ソルジャーフィールドは、オリジナルの神殿風建築を残しながら、2003年に改装された。この時、さらに一般の観客席を減らして、スイートをより多くつくったそうだ。スイートは、スタジアムの「ドル箱」だ。スイート1部屋で、一般席を1000枚売ったのと同じ収益があるという。

 今さらスポーツの商業化を嘆いても仕方がないけれど、熱烈なベアーズ・ファンには、スタジアム生観戦の機会がますます遠のいたのではないだろうか。

 幸運なことに私たちのツアーには、ベアーズの現役選手で、チーム史上最高のプレイスキッカーといわれるロビー・ゴールド選手が同行してくれていた。
 選手にとって、小さなスタジアムでプレーすることのメリットとデメリットは、なんだろう?
 そう聞くと、ゴールド選手は、「メリットは、敵チームのファンがほとんどいないこと」と即答した。
 「ロッカールームからフィールドへ続くトンネルを歩いている時、すでに、外にはベアーズのファンしかいないってことが分かるんだ。だから安心して出ていかれる。たとえばダラスのような大きなスタジアム(*カウボーイズの本拠地は10万人以上収容)で試合するのとは、すごく大きな違いだね」

 フィールドからは、青空の向こうにシカゴの高層ビル群がよく見える。晴天ならいいけれど、ドーム式ではないので、冬はまさに「吹きさらし」だ。すぐそばのレイク・ミシガンから、氷のような風が叩きつけるだろう。そんな中で冷たいビールを飲みながら応援するベアーズのファンは、タフで熱狂的という評判だ。
 以前、ベアーズのファンから、ソルジャーフィールドの上空には、渦巻きのような特別な風が吹いている、と聞かされたたことがあった。一体どんな風なのか。ゴールド選手に聞いてみたら、「そんな特別な風なんて吹いていないよ。見つけたら教えてよ」と、笑ってかえされてしまった。

 迷信やら超現象的なものを信じてしまうのは、熱狂的なファンだけなのかもしれない。実際にプレーする選手たちは意外に冷静なのだろう。(当たり前か?)

 とはいっても、「悪天候のことを、ベアー・ウェザーと呼ぶぐらいだからね。雹、雨、雪、竜巻…。すべてここで体験したよ」と、ゴールド選手。特に昨シーズン、12月にダラス・カウボーイズを迎えた試合では、気温がマイナス15度(華氏)にもなり、つらかったそうだ。
 天候などによって天然芝のコンディションもまちまちだから、キッカーにとってはかなり難しいスタジアムなのに違いない。そこで高い成功率を収め、チーム記録をつくっているのだから、すごい選手だ。

 それでも、シカゴのファンには、球場をドーム開閉式にするなどということは考えられないようだ。
 ガイドのマッケンナさんは、「屋外の、天然芝の上でやるのが本物のフットボール。それ以外は、軟弱者(wimp)だ」と言い切った。

 スタッフも軟弱ではない。みんながチームへの特別な愛情をもって働いている。試合に負けても、決して「lost」という言葉は使わない。「At the end of the game, score board met the negative result」。そう言って、また次の試合に備えるのだ。

1

2

3 4 5 6 7

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  2. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  3. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  4. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  5. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  6. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  7. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  8. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
ページ上部へ戻る