シリーズアメリカ再発見㉕
シカゴ名物球場アニバーサリー

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

kanko

スカイライン鑑賞

高層ビル群が湖畔につくりだすスカイラインの美しさは、アメリカ広しといえども、シカゴが随一だ。

空中から眺める

The Ledge at Skydeck Chicago

Skydeck Chicago

Skydeck Chicago

ウィリス・タワー(Willis Tower)の103階にある展望台。高さ1353フィートの位置から、ガラス張りの宙に突き出した床に立って、真下をみおろす。ちょっとゾッとするけれど、スリルは満点。
■所在地:233 S. Wacker Drive, Chicago
■電話:312-875-9696
■入場料:一般19ドル、11歳以下12ドル、2歳以下無料
■詳細:www.theskydeck.com

360°CHICAGO

Photo: 360 CHICAGO

Photo: 360 CHICAGO

「ジョン・ハンコック・オブザバトリー」(John Hancock Observatory)として知られていた高層ビルが、改名した。北米で最速というエレベーターに乗って94階へ。高さ1000フィートから、その名の通り、360度のシカゴの景色が楽しめる。晴れた日は50マイル先まで見渡せ、イリノイ、インディアナ、ミシガン、ウィスコンシンの4州が一望できる。空中に乗り出すようなかっこうのスリル満点の「Tilt!」が最近できた。カフェもある。
■所在地:875 N. Michigan Avenue, Chicago
■電話:312-751-3681
■入場料:一般28ドル、11歳以下22ドル、2歳以下無料。Tilt!はプラス5ドル
■詳細:www.jhochicago.com

川から眺める

Chicago’s First Lady

© City of Chicago

© City of Chicago

シカゴ建築財団(Chicago Architecture Foundation)が運営するボートで、シカゴリバーをクルーズ。50以上の建築物を、解説を聞きながら鑑賞する。春から秋の運行で、今年は11月23日がシーズン最終日。90分。
■乗り場:112 E. Wacker Drive, on Chicago Riverwalk
■電話:800-982-2787
■チケット:37.85ドル
■詳細:www.architecture.org/rivercruise
cruisechicago.com

1 2 3 4

5

6 7

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  2. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  3. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  4. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  5. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  6. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  7. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  8. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
ページ上部へ戻る