女性ももっと乗ってくださ~い!
ニューヨークの自転車共有プログラム

Photo © Edward Blake

Photo © Edward Blake

 導入から2年が経過したニューヨーク市の自転車共有プログラム「シティバイク」だが、利用者の4分の3は男性で、女性の利用者が期待ほど増えていないことがわかった。
 ニューヨーク・タイムズ(7月8日付)によると、女性の利用者が増えない理由の一つは、髪型が崩れるのを気にして安全のためのヘルメットをかぶるのを嫌う人が多いことだという。公園などで乗るのはいいが、通勤に使うと会社に着く頃には汗まみれになるから嫌だ、という意見もあった。混雑の激しいミッドタウンも避けられている。
 シティバイクの自転車には子供を乗せられないのも、利用者が増えない原因の一つだ。料金(年間149ドル、または1日9.95ドル)も、決して安くない。
 シティバイクは現在、約330カ所にステーションがあるが、ほとんどがマンハッタンの61丁目から南と、ブルックリンのローワーマンハッタン寄りで、高所得者層が住むエリアに集中している。中間所得者層と女性にも広げようと、今後はクイーンズのロングアイランド、ブルックリン、ベッドフォード・スタイヴェサント、グリーンポイントなどにも拡大する予定だ。
 女性の目を意識して、ブルーミングデールズのウィンドーに自転車を飾る、レオナルド・ディカプリオとモデルがシティバイクに乗ってキスしている写真をツイッターで広める、といったことも試みている。
 女性の利用者が増えないという悩みは、シカゴやワシントDCなど他都市の自転車共有プログラムでも共通している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  2. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  3. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  4. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  5. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  6. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  7. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  8. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
ページ上部へ戻る