女性ももっと乗ってくださ~い!
ニューヨークの自転車共有プログラム

Photo © Edward Blake

Photo © Edward Blake

 導入から2年が経過したニューヨーク市の自転車共有プログラム「シティバイク」だが、利用者の4分の3は男性で、女性の利用者が期待ほど増えていないことがわかった。
 ニューヨーク・タイムズ(7月8日付)によると、女性の利用者が増えない理由の一つは、髪型が崩れるのを気にして安全のためのヘルメットをかぶるのを嫌う人が多いことだという。公園などで乗るのはいいが、通勤に使うと会社に着く頃には汗まみれになるから嫌だ、という意見もあった。混雑の激しいミッドタウンも避けられている。
 シティバイクの自転車には子供を乗せられないのも、利用者が増えない原因の一つだ。料金(年間149ドル、または1日9.95ドル)も、決して安くない。
 シティバイクは現在、約330カ所にステーションがあるが、ほとんどがマンハッタンの61丁目から南と、ブルックリンのローワーマンハッタン寄りで、高所得者層が住むエリアに集中している。中間所得者層と女性にも広げようと、今後はクイーンズのロングアイランド、ブルックリン、ベッドフォード・スタイヴェサント、グリーンポイントなどにも拡大する予定だ。
 女性の目を意識して、ブルーミングデールズのウィンドーに自転車を飾る、レオナルド・ディカプリオとモデルがシティバイクに乗ってキスしている写真をツイッターで広める、といったことも試みている。
 女性の利用者が増えないという悩みは、シカゴやワシントDCなど他都市の自転車共有プログラムでも共通している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
  2. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  3. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  4. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  5. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  6. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  7. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  8. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
ページ上部へ戻る