七面鳥に興味なし、ラスベガスへ!
南カリフォルニアの中国系移民

venetian-562754_1280

 アメリカのサンクスギビングデー(感謝祭)は、多くの人にとって家族で過ごす休日だが、中国系を含むアジア系の移民にとっては、なかなか親しみがわかない祝日のようだ。
 11月26日付ロサンゼルス・タイムズの記事(“Thanksgiving in Las Vegas: A holiday tradition for many Southland Asians”)によると、南カリフォルニアに住むアジア系の多くが、サンクスギビングはラスベガスで、と考えている。
 アメリカへ来たばかりの移民一家ほど、サンクスギビングの行事には馴染みがなく、単なる連休だという意識をもっている。
 そのため、通常よりホテルが安くなり、バッフェの行列も短くなるサンクスギビングは狙い目なのだ、とモントレーパークにあるアジア系の旅行代理店の関係者は語る。
 ウォルナットに住む中国系のチウ一家は、長年、サンクスギビングになると友人や親戚を招いて、ターキーやハム、マッシュドポテトといった典型的なディナーを用意してきた。しかし、ターキーを好む人は少なく、毎年大量に料理が残ってしまい、結局最後はみんなでチャイニーズ・レストランへ行く羽目になったという。それで3年前から、サンクスギビングはラスベガスで過ごすことにした。
 ラスベガスでは、似たようなアジア系が多く、バッフェの列に並んでいると親戚や顔見知りに出くわし、列の順番を取っておいてもらったりすることもあるそうだ。ディナーの後はショーを見たりギャンブルをしたりして過ごし、翌日のブラックフライデーには、周辺にいくつかあるアウトレットへ朝から行って買い物をする。
 ラスベガスのチャイナタウンでは、サンクスギビングは通年でもっとも忙しくなる時期のひとつだ。レストランの行列は朝から晩まで途絶えることがない。飲茶の店は、通常の数時間前から店を開け、感謝祭の気分を味わいたい客のためにターキーも焼くという。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2021年6月8日

    産後うつ
    文章を書く時、明確なルールを自分に課している。それは家族のこと、仕事のことは一切書かないとい...
  2. 2020年6月に高校を卒業したニナは、その年の秋に自宅から車で40分ほどのカリフォルニア大学...
  3. バイデン大統領は2021年3月、新型コロナウイルス経済対策法案に署名し同法が成立しました。米...
  4. フロリダ州の南端に位置するエヴァーグレーズ国立公園は、北米最大の湿原地帯。フロリダ半島の真ん...
  5. 幼児期 “何を読むか” ではなく “これを読みたい” が重要 「この絵本、楽しそう。うちの...
  6. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  7. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
  8. ワシントン州の北西部、オリンピック半島に位置するオリンピック国立公園。約100万エーカーもの...
ページ上部へ戻る