七面鳥に興味なし、ラスベガスへ!
南カリフォルニアの中国系移民

venetian-562754_1280

 アメリカのサンクスギビングデー(感謝祭)は、多くの人にとって家族で過ごす休日だが、中国系を含むアジア系の移民にとっては、なかなか親しみがわかない祝日のようだ。
 11月26日付ロサンゼルス・タイムズの記事(“Thanksgiving in Las Vegas: A holiday tradition for many Southland Asians”)によると、南カリフォルニアに住むアジア系の多くが、サンクスギビングはラスベガスで、と考えている。
 アメリカへ来たばかりの移民一家ほど、サンクスギビングの行事には馴染みがなく、単なる連休だという意識をもっている。
 そのため、通常よりホテルが安くなり、バッフェの行列も短くなるサンクスギビングは狙い目なのだ、とモントレーパークにあるアジア系の旅行代理店の関係者は語る。
 ウォルナットに住む中国系のチウ一家は、長年、サンクスギビングになると友人や親戚を招いて、ターキーやハム、マッシュドポテトといった典型的なディナーを用意してきた。しかし、ターキーを好む人は少なく、毎年大量に料理が残ってしまい、結局最後はみんなでチャイニーズ・レストランへ行く羽目になったという。それで3年前から、サンクスギビングはラスベガスで過ごすことにした。
 ラスベガスでは、似たようなアジア系が多く、バッフェの列に並んでいると親戚や顔見知りに出くわし、列の順番を取っておいてもらったりすることもあるそうだ。ディナーの後はショーを見たりギャンブルをしたりして過ごし、翌日のブラックフライデーには、周辺にいくつかあるアウトレットへ朝から行って買い物をする。
 ラスベガスのチャイナタウンでは、サンクスギビングは通年でもっとも忙しくなる時期のひとつだ。レストランの行列は朝から晩まで途絶えることがない。飲茶の店は、通常の数時間前から店を開け、感謝祭の気分を味わいたい客のためにターキーも焼くという。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 食に関心を持ったのは こどものアレルギーから 私には息子が2人おり、次男はピーナッツアレルギ...
  2. 米国帰化移民局(USCIS)とソーシャルセキュリティ管理局の間の新しい状況共有パートナーシッ...
  3. ミッドランドへ 旅の出発地、テキサス州ミッドランドへ向かう。アメリカでは1920年代...
  4.  「リンディーホップ」というのを聞いたことがあるだろうか? スウィング・ダンスの一種で、映画...
  5.  「Detroit is coming back」。デトロイトは復活するよ。  ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る