寄付品集めの「グッドウィル」

高級おしゃれなブティックに?

photo by Mike Mozart

photo © Mike Mozart

 家庭の不要品、着なくなった古い洋服を、衣替えや大掃除、納税の時期に、まとめて持っていってドネーションをする場所。1枚足りない食器セットや、時代遅れの家具。そんなものが所狭しと並ぶ。「グッドウィル」といえばそんな店、のはずだったが?
 ロサンゼルス・タイムズ(8月20日付)によると、リサイクルショップの店にも変化の波が押し寄せている。
 
南カリフォルニアのオレンジ郡を拠点とする非営利団体「グッドウィル・インダストリーズ」は、4年前から、一部の店舗で「ハイエンド化」を進めている。ほかのスリフトショップや、オンライン小売店との差別化を図り、売り上げを伸ばすためだ。
 
ハンティントンビーチにある「OCグッドウィル・ブティック」は、6月に開店したばかりだ。
 
オレンジ郡の住民の平均所得は7万5500ドルで、カリフォルニア州の平均を1万5000ドルも上回る。そのため、高級ブランド品がドネーションされることは少なくない。
2013年にオープンしたタスティンのブティックは、プラダやバーバリー、シャネルなどを販売している。アナハイムのダウンタウンには昨年12月、若者向けブランドを集めた「レア」もオープンさせた。
 
ロサンゼルス郡内にはまだブティック出店はないが、サンタモニカ店で8月、高級品の販売が行われている。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  2. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  3. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  4. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  5. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  6. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  7. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  8. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
ページ上部へ戻る