Disco International

プリンス追悼イベント、ロサンゼルスが市をあげて開催、5月6日ダウンタウンで

 4月21日に急逝した歌手のプリンスを追悼して、ロサンゼルス市が、5月6日に大規模なメモリアル・イベントを行う。

 「City of Los Angeles Memorial Tribute of Prince」と題して、市民グループらが企画。エリック・ガーセッティ・ロサンゼルス市長や、市議会議員、地元ラジオ局などの協力と承認を得て、ロサンゼルス市庁舎前の広場で開催する。

5月6日にロサンゼルス市庁舎で行われるプリンスの追悼イベントの告知フライヤー

5月6日にロサンゼルス市庁舎で行われるプリンスの追悼イベントの告知フライヤー

 プリンスといえば故郷ミネアポリスとのつながりが一番に注目されるが、音楽の都・ロサンゼルスとも縁は深い。ロサンゼルス市庁舎は、プリンスのミュージック・ビデオ「Diamonds and Pearls」が撮影された場所でもある。

 プリンスの死後、各地で建物をプリンスのシンボルカラーだった紫色にライトアップするなど、さまざまな哀悼の表現が続いているが、市をあげてのメモリアル・イベントを開催すると具体的に発表したのは、ロサンゼルスが初めてだ。

ロサンゼルス郡美術館(LACMA)の「レインルーム」も紫に

ロサンゼルス郡美術館(LACMA)の「レインルーム」も紫に

 ロサンゼルスでも、市庁舎が紫色にライトアップされたほか、ロサンゼルス郡美術館(LACMA)で開催中の人気インスタレーション「レインルーム」(雨が降っているように見える)が特別に紫色になり、文字通り「パープル・レイン」を降らせた。

 ロサンゼルスという場所柄、メモリアル・イベントには、多くのミュージシャンや有名人も参加すると見られている。

エリック・ガーセッティ・ロサンゼルス市長のツイッター。プリンスのために紫色にライトアップされた市庁舎。ここで5月6日にメモリアル・イベントがある

エリック・ガーセッティ・ロサンゼルス市長のツイッター。プリンスのために紫色にライトアップされた市庁舎。ここで5月6日にメモリアル・イベントがある

■日時:5月6日(金)5〜8pm
■会場:Los Angeles City Hall Steps (200 North Spring Street, Los Angeles, CA)
■入場無料
■詳細:https://www.facebook.com/events/770900103045639/

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

佐藤美玲 (Mirei Sato)

佐藤美玲 (Mirei Sato)

ライタープロフィール

東京生まれ。子供の時に見たTVドラマ「Roots」に感化され、アメリカの黒人問題に対する興味を深める。日本女子大英文学科アメリカ研究卒業。朝日新聞記者を経て、1999年、大学院留学のため渡米。UCLAアメリカ黒人研究学部卒業・修士号。UMass-Amherst、UC-Berkeleyのアメリカ黒人研究学部・博士課程に在籍。黒人史と文化、メディアと人種の問題を研究。2007年からU.S. FrontLine誌編集記者。大統領選を含め、アメリカを深く広く取材する。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Vrbo Japan
Universal Mobile

注目の記事

  1. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
ページ上部へ戻る