自殺者数、過去15年で急増
経済悪化も一因か

despair-1235582_640

 国内の自殺者数が、この15年で急増していることが厚生省疾病対策センター(CDC)の最新統計で分かった。直前の15年間は減少していたため、傾向の急変には薬物乱用の増加や経済の不均衡といった要因が関係している可能性も指摘される。
 ウォールストリート・ジャーナルによると、自殺は現在、米国人の死因の10番目だが、同じく上位にある心臓疾患やがんなどと違って1999年から2014年にかけて24%も伸びたといい、特に06年以降は年2%増とそれ以前より倍の増え方になっている。別のCDC統計でも、15年上半期は自殺者の増加傾向は続いている。
 99〜14年統計では、中年で男女ともに自殺者が急増したこと、特に白人の余命が短縮したことが目立った。45〜64歳の白人女性の自殺者数は80%、白人男性は59%増加した。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2021年6月8日

    産後うつ
    文章を書く時、明確なルールを自分に課している。それは家族のこと、仕事のことは一切書かないとい...
  2. 2020年6月に高校を卒業したニナは、その年の秋に自宅から車で40分ほどのカリフォルニア大学...
  3. バイデン大統領は2021年3月、新型コロナウイルス経済対策法案に署名し同法が成立しました。米...
  4. フロリダ州の南端に位置するエヴァーグレーズ国立公園は、北米最大の湿原地帯。フロリダ半島の真ん...
  5. 幼児期 “何を読むか” ではなく “これを読みたい” が重要 「この絵本、楽しそう。うちの...
  6. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  7. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
  8. ワシントン州の北西部、オリンピック半島に位置するオリンピック国立公園。約100万エーカーもの...
ページ上部へ戻る