立ちション、自分に跳ね返る!?

サンフランシスコ、特殊な「壁」

Photo © Thomas Quine

Photo © Thomas Quine

 街中で「立ちション」をする人が後を絶たず、困ったサンフランシスコ市が、新兵器を繰り出した。

 なんと、立ちションすると、尿が自分に跳ね返るという特殊な壁だ。さて効果のほどは?
 
サンフランシスコ・クロニクル(7月31日付)によると、同市公共事業部は7月、ミッションと16丁目のコーナーなど、市内の9カ所の壁に特殊なペンキを塗装した。ほとんどの水性の液体と一部の油性の液体を跳ね返す能力をもつ。
この壁に向かって立ちションすると、立ちションをした本人の靴やズボンに尿が降りかかってくる、というわけだ。

 効果は欧州では立証済み。酔っぱらいによる立ちションの多いドイツ・ハンブルクのセントポール地区で使用されている。

 サンフランシスコ市は、ペンキを塗って以来、立ちションが減ったと主張。ほかの場所からも塗装のリクエストが届いているという。
 8月上旬には、市内の電柱が突然倒れる事故があった。長年にわたる人間と動物の立ちションのせいで、根元の金属がサビついたのが一因だと当局は言う。
チャイナタウンに住む男性は、「壁の効果を知らない人にはいいアイデアだと思うが、そのうち『学習』して、ペンキのないほかの場所で立ちションしたり、角度を 変えて放尿したりするようになるのでは。そもそも酔っ払っていたら(跳ね返っても)気にしないかもしれないし…」と懐疑的だ。


この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  2. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  3. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  4. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  5. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  6. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  7. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  8. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
ページ上部へ戻る