立ちション、自分に跳ね返る!?

サンフランシスコ、特殊な「壁」

Photo © Thomas Quine

Photo © Thomas Quine

 街中で「立ちション」をする人が後を絶たず、困ったサンフランシスコ市が、新兵器を繰り出した。

 なんと、立ちションすると、尿が自分に跳ね返るという特殊な壁だ。さて効果のほどは?
 
サンフランシスコ・クロニクル(7月31日付)によると、同市公共事業部は7月、ミッションと16丁目のコーナーなど、市内の9カ所の壁に特殊なペンキを塗装した。ほとんどの水性の液体と一部の油性の液体を跳ね返す能力をもつ。
この壁に向かって立ちションすると、立ちションをした本人の靴やズボンに尿が降りかかってくる、というわけだ。

 効果は欧州では立証済み。酔っぱらいによる立ちションの多いドイツ・ハンブルクのセントポール地区で使用されている。

 サンフランシスコ市は、ペンキを塗って以来、立ちションが減ったと主張。ほかの場所からも塗装のリクエストが届いているという。
 8月上旬には、市内の電柱が突然倒れる事故があった。長年にわたる人間と動物の立ちションのせいで、根元の金属がサビついたのが一因だと当局は言う。
チャイナタウンに住む男性は、「壁の効果を知らない人にはいいアイデアだと思うが、そのうち『学習』して、ペンキのないほかの場所で立ちションしたり、角度を 変えて放尿したりするようになるのでは。そもそも酔っ払っていたら(跳ね返っても)気にしないかもしれないし…」と懐疑的だ。


この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る