立ちション、自分に跳ね返る!?

サンフランシスコ、特殊な「壁」

Photo © Thomas Quine

Photo © Thomas Quine

 街中で「立ちション」をする人が後を絶たず、困ったサンフランシスコ市が、新兵器を繰り出した。

 なんと、立ちションすると、尿が自分に跳ね返るという特殊な壁だ。さて効果のほどは?
 
サンフランシスコ・クロニクル(7月31日付)によると、同市公共事業部は7月、ミッションと16丁目のコーナーなど、市内の9カ所の壁に特殊なペンキを塗装した。ほとんどの水性の液体と一部の油性の液体を跳ね返す能力をもつ。
この壁に向かって立ちションすると、立ちションをした本人の靴やズボンに尿が降りかかってくる、というわけだ。

 効果は欧州では立証済み。酔っぱらいによる立ちションの多いドイツ・ハンブルクのセントポール地区で使用されている。

 サンフランシスコ市は、ペンキを塗って以来、立ちションが減ったと主張。ほかの場所からも塗装のリクエストが届いているという。
 8月上旬には、市内の電柱が突然倒れる事故があった。長年にわたる人間と動物の立ちションのせいで、根元の金属がサビついたのが一因だと当局は言う。
チャイナタウンに住む男性は、「壁の効果を知らない人にはいいアイデアだと思うが、そのうち『学習』して、ペンキのないほかの場所で立ちションしたり、角度を 変えて放尿したりするようになるのでは。そもそも酔っ払っていたら(跳ね返っても)気にしないかもしれないし…」と懐疑的だ。


この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る