耐震改築、家賃に上乗せ?
ロサンゼルス市の提案

building-691033_1280

 ロサンゼルスのエリック・ガーセッティ市長が2014年、過去に例のない広範囲におよぶ耐震法を提案して以来、だれがその費用を負担するのか、が市民の関心の的になってきた。
 ロサンゼルスの古いアパートの多くが、耐震に問題を抱えている。すでに家賃は全米有数の高さなのだが、これに耐震に関する改修改築費用の一部を上乗せする案が議論されている。
 9月16日付ロサンゼルス・タイムズの記事(“L.A. officials present a plan for renters and landlords to split the costs of quake retrofitting”)が伝えた。
 市は、家主と入居者(テナント)が一緒に費用を負担し、入居者は5~10年間で月額最大38ドルまでの値上げを受け入れるという案を提示している。
 ロサンゼルス市内には、改修が必要とされるコンクリートのビルが1000以上、木造アパートが最低1万2000はある。改修費用はまちまちだが、木造アパートの補修には最大13万ドル、大きなコンクリートビルなら数百万ドルに達するといわれる。
 現行の法律では、家主は改修費用として(これまで耐震にはめったに適用されたことがないが)、最大月額75ドル値上げすることができる。
 市は、入居者および家主代表グループとこれまで4回の会合を持ったが、耐震対策費用について合意に至ることはなかった。ただし住民の安全と、住宅のストックを維持するためには耐震対策が不可欠だという点、また費用は両サイドが負担すべきだという点では、意見が一致したという。
 入居者側からは、10年間かけての値上げには合意するものの、その間の利子がどのように家賃に反映されるかを懸念する声や、耐震のための改修が終わっても家賃が据え置かれるのではという不安、耐震改修に別の改修が勝手に追加され、費用が家賃に上乗せされるのではという意見が出た。
 家主側からは、月々38ドルを値上げした家賃収入で、改修に必要な費用のためのローン審査に通るのかという声があがった。値上げ費用を算定するための調査が十分に行われていないとの指摘もある。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. アメリカの就職・転職
    世界を動かす経済大国「アメリカ合衆国」。世界各国から優秀な人材が集結し、新しい情報に触れるこ...
  2. 2017年12月3日

    HOWDY!!!
    HOWDY!!! 皆様、サンクスギビング・ホリデーも終わり、あっという間に12月がやってきまし...
  3. 名産のチーズと ラクロスゆかりの町 広いアメリカ、まだ知られていない旅先...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040」を自...
  5. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る