干ばつ続き、桜も枯れた・・・
ロサンゼルス近郊バルボア湖名物

干ばつで桜が枯れ始めている

干ばつで桜が枯れ始めている

 約四半世紀にわたり、ロサンゼルス近郊サンフェルナンドバレーにあるバルボア湖の湖畔を毎春彩ってきた桜の木が、消滅の危機に瀕している。
 9月30日付ロサンゼルス・デイリー・ニュースの記事(“Lake Balboa’s cherry trees fall victim to drought”)によると、ロサンゼルス市公園局が9月に実施した調査で、4年に及ぶ雨不足と暖かすぎる冬の影響で、桜の木の半数が過去5年間で枯れたことがわかった。千本以上あるうちの、486本だけが生き残っている。しかしそれらの多くも、危険な状態だ。
 バルボア湖のほとりにある桜は、1992年に植樹された。湖は隣接する水再生工場の再生水を貯める貯水池としてつくられたが、その景観を美しくしたいと、匿名の日本人が桜を寄付したという。
 まず800本が植樹され、その数年後に100本、2009年頃にさらに150本が植えられた。次第にバルボア湖は桜の名所として知られるようになり、多くの人が公園を訪れる。
 当初、ロサンゼルスの温暖な気候に耐えられるよう、ピンククラウドという品種の桜が選ばれた。しかしここ数年、温暖な冬が続き、桜に必要な華氏45度以下の夜が少なかったことと、厳しい干ばつで水やりが制限されたことによって、生育に大きな影響が出た。
 ロサンゼルス市は桜を再び植える予定はないという。枯れた桜は撤去される。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る