干ばつ続き、桜も枯れた・・・
ロサンゼルス近郊バルボア湖名物

干ばつで桜が枯れ始めている

干ばつで桜が枯れ始めている

 約四半世紀にわたり、ロサンゼルス近郊サンフェルナンドバレーにあるバルボア湖の湖畔を毎春彩ってきた桜の木が、消滅の危機に瀕している。
 9月30日付ロサンゼルス・デイリー・ニュースの記事(“Lake Balboa’s cherry trees fall victim to drought”)によると、ロサンゼルス市公園局が9月に実施した調査で、4年に及ぶ雨不足と暖かすぎる冬の影響で、桜の木の半数が過去5年間で枯れたことがわかった。千本以上あるうちの、486本だけが生き残っている。しかしそれらの多くも、危険な状態だ。
 バルボア湖のほとりにある桜は、1992年に植樹された。湖は隣接する水再生工場の再生水を貯める貯水池としてつくられたが、その景観を美しくしたいと、匿名の日本人が桜を寄付したという。
 まず800本が植樹され、その数年後に100本、2009年頃にさらに150本が植えられた。次第にバルボア湖は桜の名所として知られるようになり、多くの人が公園を訪れる。
 当初、ロサンゼルスの温暖な気候に耐えられるよう、ピンククラウドという品種の桜が選ばれた。しかしここ数年、温暖な冬が続き、桜に必要な華氏45度以下の夜が少なかったことと、厳しい干ばつで水やりが制限されたことによって、生育に大きな影響が出た。
 ロサンゼルス市は桜を再び植える予定はないという。枯れた桜は撤去される。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る