「飼い犬に撃たれる」事件が続出
銃社会もここまできたか!

gun-794576_1920

 10月末、「トリガー」という名のチョコレート・ラブラドールが、狩猟旅行中にインディアナ在住の女性の足を誤って撃つ、という事件が報じられた。
 10月27日付のワシントン・ポストの記事(“In the past five years, at least six Americans have been shot by dogs”)によると、女性は、弾を込めたショットガンの安全装置を外した状態で、地面に置いていた。トリガーがその銃を踏んだために、引き金(トリガー)が引かれた状態となり、銃が暴発。女性の左足を撃ち抜いたという。
 2011年以降、この事件と同じように、自分が飼う犬によって撃たれた例はこの女性で6件目。2004年から数えると計10件となる。
 これはあくまで最低限の数字だ。犬に撃たれても病院で手当てを受けていない、あるいは地元メディアで報じられていなければ、世間に知られることはないからだ。
 アメリカだけではなく、人間と銃、そして犬の数が多い国では、似たような事件はよく起きている。たとえば2012年には、フランス人のハンターが、ふざけて飛びかかってきた犬のせいで銃が暴発し、手を失った。2010年にはニュージーランドの男性が犬に撃たれた。
 アメリカでは、銃を所持する人の数が、ほかの国をはるかに上回っている。ある見積もりによれば、世界の個人所有の銃の約半数が、アメリカ人によるものだ。当然ながら、犬による「誤射」も多くなる。
 事故の多くは狩猟の現場で起きている。2013年、ミネソタのハンターの飼い犬がボートに飛び乗った拍子に銃が暴発し、銃弾がハンターの足に命中した。11年には、ユタのハンターがボートに積んでいたショットガンの上に、犬が飛び乗り暴発し、弾がハンターの尻に当たった。その2週間後にはフロリダで、狩猟に行く途中、車に積んだライフルの上にブルドッグが飛び乗り、銃弾が飼い主に当たるという悲劇が起きた。
 フロリダでは13年に、トラックに乗っている最中に、犬が38口径のピストルで飼い主を撃った。10年にも別の犬が地面に置いてあった38口径のピストルに飛び乗り、弾が酔っぱらっていた飼い主の手のひらを撃ち抜いた。
 04年には、「引き取り手が見つからない」という理由で、生後3カ月のシェパードミックスとその兄弟たちを射殺しようとしていた男性が、当の犬によって手首を撃たれるという皮肉な事件も。
 ただ、犬による誤射事件で死者が出ることはめったにない。唯一の例外は、2008年にテキサスで、犬が飛び乗ったためにトラックに積んでいた銃が暴発し、ハンターの太ももに当たった事件だろう。ハンターは出血多量のため死亡した。
 一方、猫によって飼い主が撃たれたという事件は、2005年に1件あっただけだという。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る