グーグル、空の宅配で特許申請
専用容器がドローン待ち受け?

Photo © Andrew Turner

Photo © Andrew Turner

 ドローン(無人機)を使った空からの宅配システム開発に取り組むアルファベット傘下グーグルはこのほど、「飛行配達装置」が運ぶ荷物を地上で受け取り、安全な保管場所に運ぶための配達容器について特許を申請した。
 ロイター通信によると、この容器は空中のドローンを赤外線で交信しながら誘導し、荷物を受け取って車庫などに運ぶよう作られている。ただし申請書類からは配達容器の性質について詳しいことは分からない。
 グーグルのドローン宅配システム開発事業は「プロジェクト・ウィング」と呼ばれ、2012年に始まり、14年8月にオーストラリアで行われた野外実験の様子がユーチューブの動画で公開された。15年11月には事業責任者のデイブ・ボス氏が「17年までには宅配を開始できる」との見通しを示した。米国での実験は連邦航空宇宙局(NASA)のエイムズ研究センターで行われている。
 同種の宅配サービスはオンライン小売り最大手アマゾンなども開発に取り組んでいるが、実現に先立ち連邦航空局(FAA)が商業用ドローンの使用規制を最終決定する必要があり、これは年内の発表が見込まれている。
 FAAは現在、重量0.5~55ポンドのドローンを屋外で飛ばす場合に事前登録を義務付けており、ことし1月初めまでに18万1061機が登録された。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. ルイジアナ州の北東、延々と広がる田園風景の中に、ぽつりと静かに佇む遺跡がある。かつてアメリカ...
  2. 2021年2月4日

    バイデン政権とは?
    バイデン大統領は、トランプ大統領とは対照的に、パンデミック、経済的苦境および政治的分断に疲弊...
  3. 冬は温度、湿度ともに低くなるため皮脂や汗の分泌が少なくなり、お肌の潤いを守る皮脂膜が作りにく...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040」を自...
  5. 文/カロリーナ A. フォーノス、マーク R. ヘレラー、マリア T. ガレノ、アダム マルク 有...
  6. 注)情報はすべて2020年11月15日現在のものです。最新情報は専門家にお問い合わせください。 ...
  7. 「栄養バランスの取れたおいしい和食を家庭で簡単に」。ニューヨークに4店舗を構える日本の弁当専...
  8. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
ページ上部へ戻る