夏に食べたい!「アボカド・トースト」
ロサンゼルスの人気店レシピを紹介

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

BOA Steakhouseのアボカド・トースト Photo © Mirei Sato

BOA Steakhouseのアボカド・トースト
Photo © Mirei Sato

 ロサンゼルスを中心に、昨年あたりから一気にブレイクした「アボカド・トースト」。初めて聞く人なら「え?」と思う組み合わせだが、意外にマッチして、いまや、朝ごはんにもランチにも、週末のブランチにも大活躍の定番メニューになった。

 レストランやカフェで食べるもの、という枠から抜け出して、最近では自分でつくるもの、に変化。食好きが集まると、「我が家のアボカド・トーストはね…」と自己流レシピの披露が会話にのぼるほどだ。

 日本でも、ファッションモデルなどが伝えて、アボカド・トーストの人気が高まっているようだ。

 しかしなんといっても、アメリカに住んでいれば、アボカドは安くて、いつでも手に入る。世界ナンバーワンの産地、隣国メキシコのおかげだ。さらに、南カリフォルニアにもアボカド農家が多くある。

 「森のバター」の愛称があるだけに、栄養たっぷりで、美容や健康にいいと信じられている。

 見た目の彩りに清涼感があり、夏の野外パーティーやピクニックにもぴったりだ。意外と簡単につくれて、材料にひと工夫を加えることでバラエティーも豊富になる。

 そんなアボカド・トーストのおすすめレシピを、ロサンゼルス・ウェストハリウッドのレストラン「BOA Steakhouse」で教わった。店名のとおり、ステーキが有名なレストランだが、最近、新しくランチメニューにアボカド・トーストを加えたばかりだという。

ウェストハリウッドの店内 Courtesy of BOA Steakhouse

ウェストハリウッドの店内
Courtesy of BOA Steakhouse


ランチメニューのひとつ、サーモンとキノア Photo © Mirei Sato

ランチメニューのひとつ、サーモンとキノア
Photo © Mirei Sato

1

2

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る