第140回 犬が他人に噛み付いた場合

文/安岡忠展(Tadanobu Yasuoka)

 The Insurance Information Instituteによりますと、2015年度のアメリカでの家屋保険の賠償責任のクレーム件数のうち、3分の1が犬の噛み付きによるクレームでした。クレームによる支払い額は5億7千万ドル以上だそうです。

 2015年の犬の噛み付きによるクレーム件数は1万5352件あり、2014年度に比べると件数は7%ほど減少はしているものの、1件にかかる賠償額は16%も上がっているようです。2014年度の1件あたりの平均額は3万2072ドルだったのに対し、2015年度は3万7214ドルと5000ドル以上も上がったようです。

 これらのデータは保険を使ったクレームのもので、実際には年間に約450万人が犬に噛まれ、そのうち20%の人が治療を行っていると言われています。噛み付くだけでなく、子供・お年寄り・自転車に乗っている人を転倒させてしまって怪我を負わせるケースも多くあります。いくら愛犬に悪気がなかったとしても、相手が怪我をしてしまった場合には賠償責任が生じます。

 ペットによるクレームに対応する保険をお持ちでしょうか? 家やコンドを所有している人はホームオーナーズ保険のPersonal Liabilityという保険でカバーされます。アパートや家をレントしている人は、レンターズ保険に加入すれば同様の保険が含まれています。補償額のリミットは10万ドルから50万ドルぐらいまであります。リミットを高くしても年間数10ドルほどの差額ですので、なるべく高いリミットで加入することをおすすめします。レンターズ保険は年間で200ドル前後から加入できますので、まだ加入していない人は是非検討してみてください。犬の種類によっては保険加入が制限される場合もありますので、加入時に忘れずに確認をするようにしてください。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

安岡忠展 (Tadanobu Yasuoka)

ライタープロフィール

全ての保険を取り扱う総合保険代理店「ダイワ保険代理店」代表。顧客の保険代理人として「お客様にとってベストなプラン」を提供する。目標は「全ての保険を取り扱うことでお客様のニーズを把握し、生涯のパートナーとしてお付き合いいただくこと」。

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る