NY市にシリアル・カフェ登場
ケロッグが出店、体験型販売

cereal-932193_640

 シリアル大手ケロッグ(ミシガン州)は、シリアル需要の巻き返しを図って7月4日に初のシリアル・レストラン「ケロッグスNYC」をニューヨーク市内タイムズスクエアにオープンした。
 ウォールストリート・ジャーナルによると、料理人トーマス・ケラーのニューヨーク・レストランを仕切っていたアンソニー・ルドルフ氏とケロッグの提携事業で、レシピは人気のベーカリー店「ミルク・バー」を所有する料理人のクリスティーナ・トシ氏が担当した。
 ピスタチオとレモンを散らしたフロステッド・フレークスや、ライス・クリスピー、ストロベリー、抹茶パウダーのトッピングがかかったアイスクリームなどを6〜8ドルで提供する。客はキッチン・キャビネット風の容器で注文の品を受け取る。キャビネットのドアを開けると注文品のほか、シリアルの箱に入っているような小さなおまけも付いてくる。
 糖分、脂肪分、塩分などが多すぎて不健康との批判も多い大量生産のシリアル・ブランドが体験を提供するのはリスクもあるが、チョコレート大手M&Mなどはニューヨークやオーランドなどの大都市で積極的に店舗を展開している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 2018年2月7日

    第111回 犬の毛色
    犬の毛色で、人間に一番人気のない色は何色か知っていますか? 答えは、黒。黒犬大好き!な人たち...
  2.  ニナはほぼ毎日「今日はどんな1日だった?」と聞いてくる。私は仕事で大変だったことや、興味深い人物に...
  3. なぜ、ニューヨークに1号店?  日本は寝具に関しては布団とベッドと両方がありますが、...
  4. 前回に続き、今回はOPTについての説明と、CPTとの違いをご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)...
  5. クロアチア共和国の首都、ザグレブの空港に降りたのは、もう夜遅い時間だった。大雨の中、3時間ドライブして、小さな村に着いた。クロアチア東部に広がるスラボニア地方、ポーツェガという村だ。道中は真っ暗闇だった。

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る