アカデミー賞を斬る!
受賞予想!! オスカーは誰の手に?!

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

「Fences」より© 2016 Paramount Pictures

「Fences」より
© 2016 Paramount Pictures

華やかさに欠ける(?)主演男優賞

デンゼル・ワシントン© HollywoodNewsWire.co

デンゼル・ワシントン
© HollywoodNewsWire.co

 主演男優賞は、「Fences」の監督・主演のデンゼル・ワシントンが有力だが、監督賞を贈られる代わりに演技賞は”勘弁”となりそうな気配がする。自身のヒッピーな雰囲気と温かい性格がキャラクターに完全に一致して演技を昇華させた「Captain Fantastic」のヴィーゴ・モーテンセンも候補止まりとなるだろう。最有力候補は、罪の意識から“生きる”ことをあきらめた男の悲しみがスクリーンからひしひしと伝わってきた「Manchester by the Sea」のケイシー・アフレック。セクハラ問題はそれほど影響を及ぼさずにオスカーを手にする可能性が高い。そんなアフレックの強敵は、俳優組合賞で候補に挙がっている「Hacksaw Ridge」のアンドリュー・ガーフィールドだろう。恋の演技、信念を貫く演技は素晴らしいが、33歳という年齢や貫禄を鑑みると受賞はお預けになるかもしれない。

助演賞は誰の手に?

ヴァイオラ・デイヴィス© HollywoodNewsWire.co

ヴァイオラ・デイヴィス
© HollywoodNewsWire.co

ジェフ・ブリッジス© HollywoodNewsWire.co

ジェフ・ブリッジス
© HollywoodNewsWire.co

 助演女優賞は、「Fences」のヴァイオラ・デイヴィスで決まりだろう。同名舞台劇の映画化で、いつにも増しての迫力演技を見せていた。「Hidden Figures」のオクタヴィア・スペンサーも捨てがたいが、これまで3度の候補入りを果たしながらも無冠で終わっている「Mancehster by the Sea」のミシェル・ウィリアムスが強敵となりそうだ。

 助演男優賞は、「Moonlight」のマハーシャラ・アリか「Hell or High Water」のジェフ・ブリッジスがオスカーを手にするだろう。ただ、これまでのキャリアで最も演技力を試されたと言える役を演じきった「Florence Foster Jenkins」のヒュー・グラント、実話に基づく「Lion」で苦悩するインド人青年を感動的に演じたデヴ・パテルも認められるべき演技を披露していた。「Silence」のイッセー尾形は残念ながら候補入りしただけで万々歳という状況だ。

監督賞は、重鎮か? 若手か?

 
 「Silence」のスコセッシ、「Fences」のワシントンのほかに監督賞枠に名を連ねそうなのが、「Hacksaw Ridge」で監督業に10年ぶりに復帰したメル・ギブソンだ。そんな中、「Moonlight」のバリー・ジェンキンス(37歳)、「La La Land」のダミアン・チャゼル(31歳)といった若手も候補入りし、ベテランとの戦いに挑むことになりそうだ。

作品賞は混戦模様

 演技賞でも紹介した「Fences」、「Silence」、「Arrival」、「Lion」は確実に候補入りしそうだが、それ以外の有力作が「Patriots Day」だ。ボストン・マラソン爆弾テロ事件を描いた同作は、脚本と編集が素晴らしく、警察、被害者、テロリストの人生をリアルに描いた秀逸な作品。主演のマーク・ウォールバーグがプロデューサーも務めており、製作者として候補者に名前を連ねるだろう。

 筆者が候補入りを切望する作品に「Eye in the Sky」がある。3月公開だったので印象が薄いが、反戦映画として抜きん出た作品だ。徴兵経験のある非アメリカ人監督(南アフリカ共和国出身のギャヴィン・フッド)ならではの現代のリアルな戦争描写は、志願兵全員に「志願する前に観ろ!」と言いたくなった。
そのほか、作品賞には「La La Land」、「Moonlight」、「Loving」、「Hidden Figures」も食い込むだろう。
 
 昨年は、演技賞候補者の全員が白人となり、OscarsSoWhiteというハッシュタグと共に批判されたアカデミー賞。その反省と偶然の勢いで、今年は黒人パワーが炸裂となりそうだ。ひょっとしたら主演男優賞はワシントン、助演女優賞はデイヴィス、助演男優賞はアリ、監督賞はジェンキンスになる可能性もなきにしもあらずと予想する。

 さあ、みなさんの予想はどうですか? 第89回アカデミー賞授賞式は2月26日にABC局で放送。

「Patriots Day」マーク・ウォールバーグに聞く

© HollywoodNewsWire.co

© HollywoodNewsWire.co

 ボストン出身のマーク・ウォールバーグは、やんちゃな少年時代を過ごした後、ラッパーとしてデビュー。カルバン・クラインの下着モデルとなって話題を呼んだ後、映画俳優として活躍し、近年はプロデューサーとしての手腕も発揮している。ボストン出身者は故郷への愛着が強い。ウォールバーグがボストン・マラソン爆弾テロ事件を題材にした映画を製作するのも納得だ。映画を観ると、ボストンの街やボストンの人々の気質がキャラクターとして重要な役を演じていることがわかる。ボストンの特徴や誇りに思うことについて彼はこう答えた。

 「ボストンは短期間でものすごく大きくなった街なんだ。子供の頃、それぞれのコミュニティーにバスで行ったのを覚えている。人種毎にエリアが大きく分かれていたからね。今回のような出来事が起きたとき、人々が互いに助け合うのを目の当たりにしてボストン出身だというのをものすごく誇りに思う。それをみんなと共有したかった。人々が一緒になって対応していたというのがとても嬉しい。“Boston Strong”の意味するところをこうして見せることができてとても誇りに思うよ。ただ、本作を作るのにものすごいプレッシャーがあったよ。顔を上げて堂々と帰省したいし、みんなに手を広げて迎えてもらいたいからね。だから、ひたすら良い作品を作ろうとがんばった。あの事件を映画化するには早すぎるのではないかと聞かれるけど、ぼくはもっと早くに作っておけば良かったと思っている。なぜなら、同じようなテロ事件はあの後も起きていて、これからも起きようとしている。ぼくらは手をつないでそれに対応する必要があるからなんだ」

© 2016 Paramount Pictures

© 2016 Paramount Pictures

Special thanks to Tina Theriot / GinsbergLibby

1

2

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る