第4回 「湖とマグノリアの花たち」
ルイジアナ州

文&写真/小野アムスデン道子(Text and photos by Michiko Ono Amsden)

トリード湖では初めての釣りでもこんな獲物が!
Photo © Michiko Ono Amsden

プレスリーを生んだ町
そして、絶景の湖へ

広いアメリカ、こんなところがあったのかという旅先を紹介していく本シリーズの第4回はルイジアナ州。同州のイメージと言えば、ミシシッピ川南端の町ニューオリンズのにぎわいが思い浮かぶが、今回訪れたのは北西部。バス釣りで有名なトリード・ベンド湖やルイジアナ最古の町ナッキトッシュを訪れての、歴史ある、ひと味違うたおやかなルイジアナの旅をご紹介する。

シュリーブポート空港から45分ほどのダウンタウンにあるシュリーブポート公会堂は、まだ無名でトラックの運転手だったエルビス・プレスリーが初めてコンサートを開いた場所。当時の音源を聞くと、19歳でステージに立ったエルビスの歌は聴衆が熱中するほどすでに上手かった。1926年築のアールデコの立派な建物で、こんなところからアメリカのロックンロールが始まったのだとちょっと驚く。

そこからさらに南に1時間半ほどドライブすると、広大なトリード・ベンド湖が広がる。湖のすぐ向こうはテキサス州。湖の目の前に庭園が広がる「サイプレス・ベンド・リゾート」は、400エーカーの敷地にゴルフ場、ホテル、レストランにスパを備えている。湖が一望というロケーションにラグジュアリーな造りだが宿泊料金は129ドル〜。トリード・ベンド湖は、バス釣りで有名で、1日5ドル払えば誰でもライセンスを取って釣りができる。基本的には、釣った後はリリースするスポーツフィッシングで、ここで一番大きなバスを釣り上げた2人のうち、1人は日本人だという。ガイドについてもらって湖に繰り出すと、さすが釣り場を選ぶプロ、初心者でもクラッピーという小さな魚がどんどん釣れて夢中になる。

「メルシー・ボク」の名物”ケイジャン・ポテト”には、海老フライとザリガニシチューがたっぷり
Photo © Michiko Ono Amsden

『マグノリアの花たち』が
咲き誇った町へ

湖畔のリゾートから1時間ほど東へ。ルイジアナ州で一番古いナッキトッシュNatchitochesの町へ向う。ちょっと発音が難しいのは、フランス領だった名残。ここは、他にスペイン、アフリカ、アメリカ先住民、クレオールという多様な文化の影響を受けた街並がケーン川沿いに並び、国定歴史的建造物地区に指定されている。うら若きジュリア・ロバーツやサリー・フィールドなど名女優が競演した『マグノリアの花たち』のロケ地だった町。石畳にレンガ造りにアイアンレースの鉄柵が美しい建物が並ぶ。「メルシー・ボク」とフランス語の名前のレストランの南部料理は秀逸のおいしさ。

また、町からすぐの「メルローズ・プランテーション」は、国定歴史建造物で、最初の所有者は自由奴隷。そして白人の教師へと所有が移り、そこで綿花労働をしていた後に有名なアフリカンアメリカンのフォークアーティストとなったクレメンティーン・ハンター(Clementine Hunter)が住んでいたところ。彼女の自然な作風の作品からは当時の生活が伺えて興味深い。

今に優雅な姿を残すお屋敷と木陰を作るライブ・オークの木
Photo © Michiko Ono Amsden


■ サイプレス・ベンド・リゾート Cypress Bend Resort

http://www.cypressbend.com

■ メルシー・ボク Merci Beaucoup

http://www.mercibeaucouprestaurant.com

■ メルローズ・プランテーション Melrose Plantation

http://www.melroseplantation.org*ルイジアナ州シュリ―ブポート空港は、アトランタもしくはデンバーから約2時間。

取材協力 ミシシッピ・リバー・カントリーUSA日本事務所 https://mrcusa.jp

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

小野アムスデン道子 (Michiko Ono Amsden)

小野アムスデン道子 (Michiko Ono Amsden)

ライタープロフィール

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ。旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、翻訳多数。日本旅行作家協会会員。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る