〔シンガポール〕再エネ商社カイロス、地場企業と日本で合弁

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

再生可能エネルギー機器商社のカイロス(東京都中央区)は、シンガポールの同業ヘキサゴン・ピーク(Hexagon Peak)などと日本で合弁会社を設立した。カイロスが海外の事業者と提携するのは初めて。日本で商業・産業分野向けの太陽光発電事業を展開する。

合弁会社の名称はヘキサゴンKR(Hexagon KR)で、今年10月に設立した。ヘキサゴン・ピークが67%、カイロスが22%、再生電源開発が11%それぞれ出資している。従業員数は4人。カイロスの本社オフィスに入居する。ヘキサゴン・ピークが日本で事業を展開するにあたり、カイロスをパートナーに選んだ。ヘキサゴンKRの代表は、カイロスの関口剛氏が兼任する。

カイロスの広報担当者によると、日本では今後、工場や商業施設などで屋上や屋根を活用した自家消費型の太陽光発電の需要が増加する見通し。ヘキサゴンKRでは、発電設備を持つ企業や商業施設などと電力販売契約(PPA)を結び、電力売買事業を展開する計画だ。初年度は発電量5メガワットピーク(MWp)分の取り扱いを目指す。

同担当者は「ヘキサゴン・ピークがシンガポールでPPA型のビジネスモデルを確立しており、日本にも適用できると考えた。日本でこれまで中心となっていた固定買取価格制度(FIT)型ではなく、PPA型で事業を展開する」と説明した。

ヘキサゴン・ピークは19年2月の設立。ベトナム、フィリピン、インドネシア、韓国、台湾などでも太陽光発電施設を開発中だ。カイロスは19年3月設立。不動産事業を手掛ける日本住宅サービス(JHS、広島県福山市)の傘下企業だ。

JHSは今年3月に、初の海外拠点としてベトナムに進出していた。カイロスとヘキサゴン・ピークの提携により、グループ全体で東南アジアでの事業機会を模索する方針だ。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る